季節行事 雛祭り

お雛様を出す(飾る)時期としまう時期

投稿日:

3月3日は雛祭り (桃の節句) ですね。
女の子の厄や災いを払い、しあわせで健やかに育ってほしいと願う行事です。

旧暦だと4月3日になり、この日に行う地域もあります。
また、1月8日以降にお正月の松が明けたら飾るという地域もあり、
風習によって雛人形を飾る時期は違ってきます。

今回は、一般的とされている時期をお伝えします。



お雛様を出す(飾る)時期

「大安の日!」
「節分が終わったらすぐにね。」
「一夜飾りじゃなきゃいいんじゃない?」

…などと、いろいろ耳にするのではないでしょうか。
個人的にはこの3つをよく聞きました(^-^;

愛するわが子の行事、正しいことを知っておきたいですよね。

 

大安の日に雛人形を出すもの?

縁起を担ぐのなら、大安の日に出してください。
とくに初節句でしたら、縁起も一緒に担ぎたいものです。

大安の日は全部都合が合わない… なんて場合でも、
その他の日でも時間帯を選べば、さわりがないと
されているので安心してください。

大安の日以外に雛人形を出すのであれば、
下記の六曜をご参考にどうぞ。

先勝 …午前中が吉
先負 …午後が大吉
赤口 …正午ごろ吉
友引 …朝夕が吉
仏滅 …一日中 安静がよし
大安 …一日中、吉

 

お雛様を出す(飾る)時期

お雛様を出す時期は、一般的に
立春 (節分の翌日)からです。
(今年の立春はいつ?)

雛人形を出すのが遅れると、お嫁に行くのも遅れる
という迷信がありますが、
では、いつまでに飾ればいいのか?というと、
雛祭りの1週間前(2月24日)までには 遅くても飾ってしまいましょう。

 

~~ どうして立春からなの? ~~
春という季節を寿うという意味が雛祭りにはあるからです。
ですので春が来てから飾ります。

‥なので、
どんなに早くても立春から飾り始めてくださいね。

 

雨水の日に雛人形を飾ると良い理由

お雛様を雨水(うすい)の日に飾ると良縁に恵まれる
、、、といわれているからです。

雨水は季節が春に変わる節目とされていて、
春という季節を寿う意味を持つ雛祭りには
立春と同じく、雨水も最適な日となるわけです。

では、雨水はいつなのかというと、
2月19日頃~啓蟄(けいちつ 3月5日頃)までの期間をいいます。
(今年の雨水はいつ?)


お雛様をしまう時期

雛人形をしまう時期は「啓蟄の日」が良いとされています。
雨水の話でも出てきましたが、啓蟄はだいたい3月5日か3月6日になります。
(今年の啓蟄はいつ?)

雛人形は春のお人形なので、季節が変わる節目の啓蟄が
片づけるタイミングなのかもしれません。

一般的には、雛祭りから約2週間が目安となっています。
新暦なら3月の中旬頃まで、旧暦なら4月の中旬頃です。
湿気の少ないお天気の良い日にしまってくださいね。

雛人形をしまうのが遅れるとお嫁にも行き遅れる・・・
という迷信があります。

この迷信は昭和生まれで、大昔の迷信ではないんです。
ずっと出しっぱなしの雛人形のために生まれた迷信かもしれません。

3月3日の当日や翌日にサッサと片づけてしまうより、
3月4日の送り節句を経てから5日以降の晴れた日に
きちんとしまう方がお雛様も嬉しいのではないでしょうか。

ちなみに、

片づける日を大安吉日に選ぶ必要はないです。

 

まとめ

 

お雛様を出す(飾る)時期
・立春 (節分の翌日) ~雛祭りの1週間前(2月24日)まで。

縁起の良い日
・大安の日
・雨水の日(2月19日頃~啓蟄までの期間)

お雛様をしまう時期
・雛祭りから約2週間までの晴れた日。(新暦なら3月の中旬頃までを目安に。)
・啓蟄の日(啓蟄はだいたい3月5日か3月6日)

 

~~「一夜飾り」について ~~
節句の前日や当日に飾ることを「一夜飾り」といい、
縁起が悪いとされています。

お正月の準備の時によくいわれていますが、
雛祭りに関しても同じです。

では何故、お正月の一夜飾りが良くないのか?ですが、
まずは年神様に大変失礼であること。
そして、準備を前の日にすることは葬儀と同じなので
縁起が悪い、ということです。

ですので
雛祭りの準備に関しても “同じこと” となります。

お雛様は子供の厄や災いを引き受けてくれる
有り難いお守りの人形です。
出す時も、感謝と誠意を忘れないようにしないといけませんね。



-季節行事, 雛祭り

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.