禁煙

VITAFUL(ビタフル)に害は・・・

投稿日:

大人気のVITAFUL(ビタフル)ですが、手にするまえに何か“害”があるのかどうか知りたいですよね。口にするものですし。もしかして手にしてしまった後に、そういやぁビタフルに害ってあるのかな?なんて気になった方もおられるかもしれません。

VITAFUL(ビタフル)と電子タバコの違いを知って、害があるのかどうか見ていきましょう。

VITAFUL(ビタフル)と電子タバコと害の話

「電子タバコには害がある」という情報を耳にした方は、VITAFUL(ビタフル)にも害があるのではないか!?と不安になってしまいますよね。VITAFUL(ビタフル)も電子タバコだと大雑把にくくられてはいますが、正確に言えばビタフルは電子タバコではなく“水蒸気スティック ”になるのではないでしょうか。

何故なら有害なニコチンやタールなどを含んでいるタバコではないからです。

逆にカラダに良いビタミン等が入っているため、ビタミンスティックとかビタミンタバコとも呼ばれています。

じゃあ電子タバコといわれるものは?というと、有名なのがiQOS(アイコス)です。加熱式タバコとも呼ばれています。アイコスは紙タバコより少なくはなりますが、ニコチンも有害物質も含まれています。

 

えっと、、、本当はもっと厳密にいえば、電子タバコとiQOS(アイコス)も違う種類なんです。

電子タバコといえば本来はベイブ(Vape)になります。ニコチンが含まれていないんです。それがアイコスとの大きな違いになりますが、ただベイブ(Vape)はリキッドタイプなのでニコチンありのリキッドを輸入して使うことができるんです。なので、ニコチンありとなしが混在しているのが現状…ですが、日本ではニコチンを含んだリキッドタイプの製造および販売が薬事法で禁止されているはずです‥、いえ禁止されているんです‥よ。

…というわけで、ベイプは、日本では一般的に香りを楽しむだけの道具となってしまっているので、今回はiQOS(アイコス)を電子タバコと呼ばせてもらいました。(アイコス=電子タバコのイメージが定着してきているので。)

 

VITAFUL(ビタフル)に害はあるの?

先述のとおり、VITAFUL(ビタフル)は有害物質を含んでいるタバコではないので害はありません

ニコチンやタールの有害物質はもちろんのこと、アイコスなどの加熱式電子タバコに含まれている加熱で発がん性物質に変わる!?といわれているプロピレングリコールやグリセリンまでも含まれておりません。

ですので、副流煙や受動喫煙の心配もご無用です。

そして更にですが、電子タバコは中国製がほとんどですが、VITAFUL(ビタフル)は日本で製造されているのも安心なポイントです(*^-^)b

逆に、カラダに良い成分が16種類も含まれています。

>>ビタフルの詳細をもっと見てみる

 

VITAFUL(ビタフル)の成分

16種類あるビタフルの健康成分です。

ビタミンA (0.9mg) ビタミンB6(2mg) ビタミンB12(1.6mg) ビタミンC(1mg) ビタミンD(10μg) ビタミンE(20mg) コエンザイムQ10(100mg) コラーゲン(1mg) カテキン(0.5mg) シネオール(0.5mg) l-メントール(0.5mg) プラセンタ(0.5mg) ヒアルロン酸(0.3mg) コンドロイチン(0.3mg) セラミド2(0.3mg) 乳酸菌(0.5mg)

保湿成分も入っているせいでしょうか。VITAFUL(ビタフル)を吸うようになってから唇の皮めくれがなくなったという口コミもありました。

健康被害を気にしている方も、害のないVITAFUL(ビタフル)は安心して使えます。新感覚の電子タバコ風水蒸気スティック(名前長いw)をリフレッシュのお供に1度利用してみてください^^

 

>>充電式カートリッジタイプはコチラ

-禁煙
-

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.