生活 防災対策

最低限は備えておきたい、女性の防災対策グッズ

投稿日:

実際に被災された女性の話を聞き、それを参考に、管理人は先日やっと最低限の防災グッズを揃えようと決心しました。

今回は“最低限”の備えについてです。


よく言われるのは「3日間」という期間ですが、
それは何でかと言いますと、給水車や助けが来るまでのおおよその期間‥なので、この3日間は自力(自身の備え)で生き残れ、ということです。(※3日とは限りません。長くかかる場合ももちろん大アリです)

そして、人間が生きてく上で我慢できないもの、なくては死んでしまうもの、それは何かといったら、
「水」「食べ物」「排尿・排便」「睡眠」「女性特有のこと」です。

“最低限”の備え、ということで、今回はこの5つに絞ります。

まずは
「水」について。

ミネラルウォーターを用意しておきましょう。
給水車がくる3日分です。給水車がきてくれたら、次に必要になるのは水タンク(折りたたみ)です。

被災者の方の話では、
・袋をもらえますが小さいのですぐなくなる。
・バケツだと移動中にこぼれる。
などあり、
ポリタンクが持ちやすく運びやすいとのことでした。

ただ女性の場合ですと、
あまり容量が大きなタンクだと重たくて運べないので、10リットルぐらいのと、市から貰える給水用の袋で手いっぱいではないでしょうか。台車があれば別ですが。。。

 

「食べ物」について。

今は非常用保存食に“アルファ米”をよく耳にします。お湯か水を注ぐだけで食べられて、しかも美味しいのだそうです。
ですが今回は“最低限の備え”なので、水を使ったり、温めたり‥という工程がなく、それ単体でパッと食べれるものを推薦しておきます。

それは、お粥です。
乾パンや缶詰ではないです。(あっても全然いいですが)

何故かというと、乾パンは飲み物が欲しくなりますし、缶詰はいろいろとありますが、魚系の缶詰はやめた方がいいように思います。食べた後の処理ができず、(←水が使えないため)夏場は臭ったり、ハエや虫が湧きやすいです。

その点、そのまま食べれるお粥は水分もとれるし、被災のストレスで食がなくても食べやすいと思います。
ちなみに、チョコレートなどの甘いお菓子も、被災者の備蓄していて良かったものとして挙げられています。歯磨きガムも重宝しそうです。

 

「排尿・排便」について。

生きてる以上避けられませんよね。水が使えない時に役立つのが簡易トイレです。トイレの便器にかぶせるタイプのものが便利ですが、避難場所へ行った場合、携帯できるミニトイレが役立ちます。

被災者の方の話の中で、
・設置された仮設トイレの数が足らない。
・日にちが経つと、あまりに酷い不衛生な状態となり、
・トイレに入れず外ですます人が増えた。
という声がありました。
・・・なるほど、です。

ですが、ここで女性はもうひとつ
目隠しが必要ですよね!

非常時のトイレには目隠しポンチョは備えておきたいです。
こちらのポンチョはフード付きで、前後左右からも見えない工夫がされています。雨や寒さ対策にもなるので、女性は持っていると安心です。

そして、避難時には“赤ちゃんのおしりふき”が役立ったようです。お風呂にも入れないので、カラダをふくのにも使えるし、女性の場合はデリケートゾーンにも使えます。顔や手にも使えるので、ウエットティッシュより万能です。

 

「睡眠」について。

避難場所で寝なきゃならない場合、床など不衛生なところで横になることもあります。ただでさえ眠れない環境なのに床の上だと硬いし、冬場はかなり冷たいです。

そんな時に重宝するのは簡便エアーマットです。床の上に毛布を1枚ひいても苦痛だという声もあることから、もしもの場合は絶対にあった方がいいと思われます。この簡便エアーマットはストローがついているので、自分で空気を吹き込むだけで簡単に出来上がります。端を丸めると枕にもなります。

サバイバルシート(保温シート)も用意しておきましょう。
↑こちらはアルミの保温シートよりガサガサ音が少ないそうです。

 

「女性特有のこと」について。
生理とオリモノ用品です。

生理用ナプキンは、必要となるのは女性だけなので救援物資として忘れられがちになるそうです。用意するのにどうしてもかさばりますが、必需品ですね。かさばりを減らすためにもスリムタイプを用意しておくといいかもしれません。

水が復旧しないと下着などの洗濯もできないですよね。被災者の女性の間では、小林製薬の「サラサーティコットン100 2枚重ねのめくれるシート」が役立ったと言っていました。他にも、使い捨て下着もありますので、その辺りを準備しておくことも必要かと思います。

あとは、マスクです。
色々な理由から必要です。( 一一)b

 

以上が、
最低限は備えておきたい、女性の防災対策グッズでした。

これ以外に用意しておきたいのは、
ビニール袋、ラップ、使い捨ての皿やコップ、軍手、ホッカイロ、懐中電灯、ラジオ、携帯等の充電器、、、
「緊急災害時に備えておきたいモノ」なんて、たくさんありすぎます‥。

 

家族構成や人それぞれで必需品って違ってきます。
これらの防災グッズにアナタが必要なものをプラスして緊急災害時に備えておいてください。

ちなみに、これらのグッズを運ぶのにキャリーバックはやめた方がいいです。
道が悪いと進めませんので。

軽くて容量が大きいリュックサックがやはりベストですよ。
管理人はコレ↓を購入しました。

税込み1,000円と激安だけど、本当にたっぷり入るし、軽くて◎です(^-^)

お金をかけて備えましたが、、、

一生使いたくありません。



-生活, 防災対策

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.