クレジットカードでの節約は思っている以上にできます!

クレジットカードで節約をしている人ってホントのところ どれだけの節約ができているの?そして、どんなふうにクレジットカードを利用しているの?-そんな疑問が解消します。ぜひチェックしてみてください!

生活費で貯まったポイントで買い物

年間だと10万から20万近く、カードの使用頻度にもよるが だいたい月2万近い節約です。半年前からガソリンもカード精算しているので、今年はもう少し節約になる予定です。

クレジットカードでの節約術は、公共料金は全てクレカ払いにし、ポイント還元率の高いカードで家族カードを発行し、買い物は全て一枚のカード会社にポイントが貯まるように家族全員で意識する。というもの。

3千円以上の買い物は基本クレカ払にし、ポイントが貯まりやすい時期にまとめ買いをします。ネットショッピングを利用し、なるべくポイントを貯めれるサイトなどで購入しています。ガソリンも現金ではなくクレジット払いにして、同じカード会社でETCも付けているので、高速代もポイントになるようにしています。

他にはふるさと納税をクレジットカードで払っています。
クレジット対応している地区が少ないかもしれませんが、毎年ここ!という決まりが無い方は、お礼の種類は少ないですがポイントも貯まるし、クレジット払いで納税がオススメです。

基本はクレカ払いなので、気がつくと支払い金額が大きくてビックリする時があります。カード会社によってはポイントの期限があって、計画的にポイントを使わないと失効してしまうので、ポイントの把握が大事になってきます。カードの会社によってはお店で取扱がなかったりお店から発行してるカードの場合、他店の買い物ではポイントが貯まりにくいという難点があります。買い物するお店がいつも同じで、いつもまとまって買い物するお家じゃないとなかなか貯まりません。

 

クレジットカードで勝手に資産運用

通常付与率1%、1ポイント1円換算のカードで月に1000円前後、年間約12000円の節約になります。

私はまず自分の身の周りの固定費やその他の出費をクレジットカード払いにしています。夫婦二人分の携帯料金、生命保険、自動車保険、電気代です。その他ペットの餌代、ガソリン代、月1~2万円程度の外食代、ショッピング代などです。

また、2年に1度の車検代や定期点検費用も全てクレジットカード払いにしています。現金払いのほうがお得な場合やクレジットカード払いが不可なお店以外の支払いはほとんどのものをクレジットカード払いにしています。これで月平均約10万円の出費です。

クレジットカードを選ぶ段階での話になってしまいますが、私はインヴァスト証券のインヴァストカードというカードを使っています。このカードは毎月貯まったポイントをそのまま現金化し、世界株式や日経平均などのETFで自動的に投資してしまおうというカードです。過去の運用益は5%~8%程度です。

<良かった点>
銀行引き落としや現金払いが当たり前ではなくクレジットカードをうまく使うことで10年20年と続けた場合大きな差になるということを勉強できた点です。また1つの明細で自分の月の出費を見える化できるので、無駄遣いを抑制できると思います。

<悪かった点>
あくまでも投資になるので利益が出た場合に他の副業などと合わせて20万円以上収入があった場合は確定申告の対象となる。

 

お得なポイントで買い物上手♪

1回の買い物で300円~500円分のポイントが付くので、月2.3回の買い物ですると1500円程安く購入できます。

日々使うクレジットカードは2枚で、電話代やインターネット代などの通信費を支払いするもの。もう1枚はネット通販にてお米や洗剤等の日用品や食料品、身近なスーパーやショッピングモールで取り扱いがない商品を購入しています。

ネット通販ではポイント10倍になる日を狙います。毎月お米は購入するので、1回の買い物で300~500円はポイントが付きます。2.3回の買い物をすれば月々1500円位はお得に買い物ができます。

ネットで買い物をするときは、期間限定のキャンペーンがないかチェックします。エントリーのみしておけば当選した時ポイントが付きます。また街の買い物でも、ポイント加盟店でカード決済をすれば、ポイント還元率が高くなります。

ポイントをうまく利用すれば、生鮮食品以外のものはネット通販を利用するともっとお得に買い物ができると思います。特に家電など高額な買い物はポイントが多く付与されます。ただ私の場合、ポイントが多くあるとつい必要のないものまで購入してしまいます。また普段より少し良いものを買ってしまい、結果的にいつもより高い買い物をしてしまうこともしばしば・・・。




クレジットカードは財布にいれない術

およそ2000~5000円の節約になりました。クレジットカードは利用した額を把握しづらいので、気を付けなければいけないなと感じました。

実際に訪れた店舗では使わないようにして、通販のみで利用するようにしています。クレジットカードは利用しても財布の中身が変化しないので、お金を使った感覚になりにくいのが難点なので、利用した履歴がしっかり残る通販サイトのみで利用するのが大切です。

また、こまめにカードの使用履歴をクレジットカードのページで確認し、今月は何を買ったのかを後から見返しておくことも重要です。先週はこれを買ったから、来月になるまでこれは買わないようにしよう、といった風に自制できるようになります。

楽天など、ポイントが貯まりやすい通販サイトを利用することが大切です。ポイントも数か月貯まれば1000円単位で利用できることもあります。そこで生まれた余裕を趣味に使うもよし、さらに節約に回すもよしです。

通販のみに利用すると決めた場合、財布の中にクレジットカードを入れず家に置いたままにするのですが、非常時にお金を出すことができません。今のところそれで困ったことはありませんが、緊急で支払いをしなければならないような状況になりえる人は、クレジットカードを持ち歩くようにした方がいいかもしれません。しかし、あくまで非常用に留めましょう。

 

固定費のカード払いで確実にポイント分を節約

支払い額のポイント還元率分は節約になります。具体的に低い還元率でも0.5%ぐらいの率ですので現金で支払うより確実に節約になります。

クレジットカードというとつい無駄に使ってしまうということで節約には向いていないと思う人もいるかもしれません。そういう人は使い方を考え直してもらえれば節約ツールとして役に立つと思います。衝動買いや思いつきの買い物には使わず、支払うことが決まっている固定費などの支払いにクレジットカードを使うとポイントが付いてその分還元率分は確実に節約なります。

例えば家賃や光熱、水道費、税金、ふるさと納税、月謝、携帯電話の通信費などは払わないといけないのでカードの引き落としにしておけば確実にポイント分は節約になっています。財布に入れておくと使ってしまう人は固定費のみの引き落としにして家に置いておけば無駄なカードの買い物はしません。

スーパーの毎日の買い物なども現金の代わりにカード払いにするということもポイントが貯まり節約になります。その時のコツは現金がなくつい多めに買ってしまうようなことでは使いすぎてしまうので利用額を最初に目標金額として設定しておけば無駄に使ってしまうことはありません。

現金の代わりにクレジットカードを使いポイント分で節約するという方法なので使用額のコントロールが難しいと思います。現金がなくても買い物できてしまうという状態になるので誘惑に勝てない人は節約になりにくく難しいと思います。しかし、カード使用分をしっかりコントロールできれば確実に節約になり、明細など記録も残ります。

 

カードは「ポイントをためる道具」と強く認識する

年間で東京ディズニーランドの大人用のチケット1枚と交換できるので、金額的には7400円は節約になっていると思います。

基本は光熱費や、通信費、新聞の代金などの固定費の支払いにあてています。それ以外でもなるべく、クレジットカードが使用できる場面では、使っています。例えば、ドラックストアーでの買い物、コンビニエンスストアーでの買い物、切符の購入や、家電の購入、ネットでの通販など仕様しています。

ただカード払いだと、何にいくら使ったかわからなくなるので、カードを使用した際には、必ずその金額をお財布から抜いて、カード用の通帳にお金をうつすようにしています。

クレジットカードで使える金額を月ごとに、はじめから、自分で決めています。例えば固定費の光熱費や通信費はだいたいの目安のつくものなので、その金額をはじめから用意しておきます。雑貨なども上限金額を決め、それを越えたらカードを使用しないようにしています。

クレジットカードは上限金額が決まっているもの、ある程度は自由に支払いができてしまう怖いものです。そのような意味では、「あくまでポイントをためる道具」と認識しないと、ローン地獄に陥る危険な代物だと思います。そのような意味では、自分ではじめから使える金額を決めて、それを越さないようにする工夫は自分にとっては良かったと思います。




現金払いはもうやめよう。

現在使用しているクレジットカードは約3年程使用していますが、ポイントが現金でいうと5万円以上ついています。

スーパーやコンビニなど、クレジットカードで決済できる所は全てクレジット払いにしています。
私はなるべくポイントの還元率が高いクレジットカードをメインのカードに決めて、そのカードで落とせるものは例え100円でそのクレジットカードで決済することにしています。

旦那さんが親カードを使い、私が家族カードを使用することでポイントも1枚のカードにどんどん溜まっていきます。あと公共料金の引き落としや生命保険の引き落としなどもメインのカードから引き落としています。

普段食料品を買う時にイオンによく行くのでイオンカードも持っています。お客様感謝デーの日は5%オフにになるのでその日だけはイオンカードで引き落としをしています。イオンカードの還元率はそれほどよくないので、感謝デー以外の日はメインのクレジットカードで引き落としています。

メインのクレジットカードを1枚決めて集中的に使用することでポイントの溜まり方も大きくなりました。このカードのポイントは商品やギフト券に交換ではなく、その月に使用したカード料金からポイント分を値引きしてくれます。手続きも簡単でポイントが知らない間に失効することもほとんどなくなりました。クレジットカードで節約をして悪かったと思う点はほとんどありません。

 

ダブルポイント獲得術

クレジットカードを利用して毎月5千円程度の節約につながっていると思います。(年間計算すると約6万円程度の節約につながっています。)

毎月、全ての支払いをポイント還元率の高いカード1社だけで行なっています。いろんなカードを使うとポイントがバラバラに少しずつ貯まるので換金する手間が多くなり不便です。また、カード1社で支払いを済ませると、全ての支払いが請求書で確認することができて家計簿代わりになります。

カード代金の支払いは会社からの給与振込銀行口座からの引き落としになっているので、銀行に出掛けて行く手間も省略できます。また、カード払いにするとお店によっては、割引が受けられることもあるのでお得です。

クレジットカードの支払明細書を基に、定期的に生活状況の見直しを行ないます。店舗によってはカード会社のポイント以外に別会社(Tポイント)が合わせて加算してくれるところもあるので利用するとダブルでポイントを獲得できます。

この方法を知らない場合はいろんな店舗で購入していましたが、ダブルでポイント獲得できるようになってからは年間の節約額は6万円から12万円と増加しました。ただし、同様の店舗を探していますが、あまり、このようにダブルでポイント獲得できる店舗になかなか巡り合えないのが現状です。支払いの見直しにより無駄な支出が減りました。

 

税金支払いでポイントをもらおう

金額としては1万円近くが節約になっていると思います。1年を通してではありませんが、半年くらいで節約ができます。

税金の支払いに使っています。税金の支払いがバーコードのついた支払伝票になりコンビニで支払いができるようになりました。それに伴ってクレジットカードで支払いをするとカードポイントが付与されます。

街でのショッピングと同じポイント数しか付きませんがただ税金を銀行引き落としにするよりも多少ポイントが付くことで、カードのポイントがたまりやすくなりました。税金の支払いなので金額が高額で引き落とされるのでポイント数もとても高いポイントがすぐにためられて好きなものが買えます。

この方法は直接クレジットカードで支払いをしてしまうとカードポイントが一切つかないのでスーパーのチャージカードを合わせて使います。一度スーパーのチャージ型ポイントカードにクレジットチャージをして、このスーパーのクレジットチャージ分をクレジットカードで引き落とすことでポイントが付きます。

良い点はクレジットカードのポイントが税金の支払いでためられて高額ポイントが付くし好きなものがほとんどポイントで買うことができることです。悪い点はスーパーのクレジットチャージをするのが面倒で金額も限度額が少ないので何回か同じ作業をしなくてはいけないことです。そしてコンビニで支払いするときに案外店員さんがこの使い方を知らないことです。

 

マイルとワオンをフル活用。

我が家はJALカードを家族カードにして夫婦で使っていますが、1年半くらいで5万円前後の節約になる計算です。

JALのマイルを貯めているので、クレジット払いが出来るお店は金額が少なくてもクレジットカードを利用するようにしています。特約店の場合だと2倍のマイルが貯まります。飛行機はそんなに頻繁に利用する訳ではないので、ほとんどが買い物によるマイルです。

公共料金もクレジットカードが利用出来るものは利用しています。JALカードとイオンのワオンを合わせて利用しているのですが、ワオンもクレジットカードでチャージするようにしてマイルを稼いでいます。

節約にもう一役かってくれてるのがイオンのワオンです。イオンを利用する際に、JALカードと提携しているワオンで支払いをすると、ワオンを利用してもマイルが貯まります。なので、ワオンをクレジットカードチャージすると2倍のマイルが貯まる計算になってとても効果的です。

マイルを貯めると・・・ワオンで、ですがキャッシュバックのような形になって、40000マイルで50000ワオン(キャンペーンの時)に変換が出来ます。我が家はだいたい1年半くらいで40000マイルが貯まるので、1年半おきくらいに5万円の臨時収入になるようなものだと思っています。

さらに、イオンの株も少量ですが保有しているので、そちらでもイオンの買い物額の数%がキャッシュバックされています。ただ、イオンの店舗が利用しやすいかどうか(アクセスやイオンの規模など)でかなり左右されるなと転勤して思いました。

タイトルとURLをコピーしました