生姜、冷え性に効果なし。生姜と乾姜の効果の違い&作り方

 

生姜は冷え症によい。っていいますよね。
私はヒドい冷え症で、生姜は好きでよく
食べているんですが、、、

ちっとも効きません。

冷えが酷すぎて効果ないのかなぁ‥なんて
ずっと思っていましたが、いやいや‥違うんですって。

もちろんショウガは血流が良くなり、一時的には身体は温まるのだそうです。

が、身体の芯は温まらないのだとか。内科のお医者さんが言っていました。
生姜は温まると信じ込んでいたのでビックリです(^^;;
どうりで効かないハズだわ。。。

身体を温めてくれるのは生姜を乾燥させた乾姜(かんきょう)
というものだそうです。

 

ショウガは「生姜(ショウキョウ)」と「乾姜(カンキョウ)」の
2通りの使い方があります。

  • 生姜」には、体を温めて発汗させる・咳を鎮める・健胃などの効果
  • 乾姜」には、体に深部(内臓)を温めて冷え性を改善する効果
    があります。

生のショウガには「ジンゲロール」という体を冷やす効果がある成分が
多く含まれているんだそうです。Σ(`・Д・ノ)ノ;
これに乾燥や加熱を加えると、体を中から温める「ショウガオール」という
別の成分に変化していきます。

💡 冷えをとるには
生の生姜より 「乾燥した乾姜」 を摂りましょう!

 

蒸して乾燥させた「ウルトラ生姜」のチカラ

そしてさらに、、、

「ウルトラ蒸ししょうが」なるものがあります。

NHK あさイチでも話題となっていましたね。

ウルトラ蒸しショウガとは、乾燥のみの「ウルトラしょうが」に加えて、
「蒸す」というひと手間を加えたものです。

体を中から温める「ショウガオール」の量が1.2倍。ジンゲロールが0.45倍になり、
体感では「ウルトラしょうが」よりも3~4倍の温かさを感じる事ができるのが分かりました。
Σ(=゚ω゚=;)

乾姜を家でも簡単に作ってみようではないか、という事で誕生した
「ウルトラ蒸ししょうが」の作り方を紹介します。

”ウルトラ蒸しショウガの作り方“
1.ショウガの繊維に沿って、厚さ1~2ミリ程度にスライスする。
2.蒸し器の中にショウガが重ならないように並べる。
3.だいたい30分程度蒸す。

ショウガの水分量で蒸し時間が変わるので、においで判断。
最初はレモンのようなにおい→ 蒸し上がってくると、少し甘いにおいに。

4.天日なら丸1日。室内なら1週間ほど干す。
※乾燥する時に電子レンジは使用しないで下さい。発火の恐れあり。

 

「あら、簡単ね♪」と思った方、ぜひ作ってみてください(*^_^*)

「ゔ…めんどくさ‥っ」と思ったアナタ、通販でも手に入ります(笑)。

ウルトラ蒸しショウガ 通販

 

ウルトラ蒸しショウガの摂取量
ウルトラ蒸しショウガは、1日2~3グラム。
胸焼けする場合は1グラム程度で。刺激が強いので、
過度に摂取すると消化器を痛める恐れがあるので注意!

ウルトラ蒸しショウガの保存方法
カラッカラに乾燥させたら、ビニール袋や容器などに入れて密閉。
3か月程度は日持ちします。このとき冷蔵庫には入れずに常温で
保存。冷蔵するとかえって風味が悪くなります。

タイトルとURLをコピーしました