便秘で不妊になる!?

 

不妊の原因をさぐっていると、「便秘で不妊になる」
という内容の記事を見聞きすることがあります。

私の母はヒドイ便秘症でしたが、私を含め2人、
子供を産んでいます。しかも高齢領域で‥です。

なので「便秘で不妊になる」というのはどうかとは
思いますが、そう言うことができる根拠はどこから
くるのかと考えてみると、不妊になる要素と繋がる
部分があるからだと思いました。

 

不妊体質の要素に “冷え” がありますが、
実は便秘症の人は、体が冷えていることが多いそうです。

冷えていると血行も悪いため、便を押し出してくれる
腸の働きが悪い。。。ということになります。

そしてこの腸の位置は子宮にとても近いです。

冷えを改善して血行を良くすることで(=便秘解消)、
不妊改善においてもとても効果的だということです。

 

ですが「便秘で不妊になる」というよりも、
「デトックス(解毒)が妊活には必要」と言いたいです。

高齢妊活者になるほど、若い人より長く生きているため
その分日々の食事などから老廃物や毒を溜め込んでいる
ことは間違いありません・・・。

たしかに、体に要らないモノ(老廃物や毒素)は、

「便で約7割、尿で約2割。そして残りは爪や髪の毛、
汗などから排出される」といわれているので、

便秘症だと7割を占める老廃物が排出されないということ
になり、その観点からみると「便秘で不妊になる」という
コトバもありかな‥とも思えるところです。

なぜなら、老廃物は不妊のモト です。

老廃物が体内に溜まった状態でいると、身体機能が
正常に働かなくなります。

さらに老廃物がいつまでも残っていると、いくら必要な
栄養を摂っても、どんなに良いものを得ても、この残った
老廃物が邪魔をしてしまうため効果が薄れてしまいます。

そして、「デトックス(解毒)が妊活には必要」
声を大にして言いたい理由は、腎臓の機能が関係します。

腎臓は血液を作る司令官でもあり、生殖器系と泌尿器系を
担当しています。

東洋医学では腎臓は「妊娠力」を担当している場所です。

腎臓は毎日、毒が体内に溜まらないように排出作業をして
います。ですので、毒素が沢山あればあるほど腎臓に負担が
かかってきます。

すると、、、

妊娠力に使うためのエネルギーが、どんどん減っていく
ことになってしまうのです。

つまり、毒素や老廃物が妊娠力を低下させます。

ですので、
妊活には「デトックス(解毒)が必要なのです。

デトックス商品はたくさんありますが、
添加物には注意して選んでくださいね。

添加物は不妊のモト(活性酸素など)を作り出して
しまいますから。

タイトルとURLをコピーしました