高齢不妊、心のケア場所

 

不妊治療の“治療”以外で辛いといえば
「心」の状態ではないでしょうか。

高齢妊活をしていると、いろいろと
心の葛藤は出てくるものだと思います。

その「心模様」は様々であり、
それぞれの思いがあることでしょう。

治療面は医師に診てもらえばよいですが、
心のケアはどうしたらいいのでしょうか。

事実、高齢妊活中の方は、悶々としたものを
抱いていて、

誰にも話せない、、、
誰かに話したい、、、

という思いを持っている方が
多いかもしれません。

不妊や、不妊治療のツラさが分からない友だち
等に話しても、ムダな励ましを受けるだけで
心の癒しにはなりませんよね。

「打ち明けたらスッキリするのに‥」

という方の心のケア場所を
今回は紹介したいと思います。

*** ネットでブログや掲示板をみる ***

不妊治療で悩んでいる人は意外と多く、
ネットで検索すると数多くのブログを
見つけることができます。

同じ境遇のブログや書き込みを読むことで
ツラいのは自分だけじゃないということを知り、
元気をもらうことができます。

また、コメントや掲示板に自分の思いなどを
書き込めば、誰かが答えてくれて、
心のツラさを癒してくれます。

*** プロのカウンセラーに相談する ***

プロのカウンセリングを受けるということを
考えたことはあるでしょうか。

「心の病気になった人が受けるものでしょ?」

‥そんな風に思ってはいませんか?

病院にはカウンセラーがいる所もありますが、
どうせなら外部のカウンセリングを受けてみては
いかがでしょう。

外部でしたら、病院所属のカウンセラーには言えない
治療への不安や不満も話すことができます。

日本不妊カウンセリング学会というところに
現在、700名以上の不妊カウンセラーが登録されています。

⇒ 日本不妊カウンセリング学会

 

ほとんどが病院所属ですが、
個人でカウンセリングをされている方もおられるので、
そういった方に相談してみるといいです。

“カウンセリング”というと、
大層な悩みを想像される方も多いと思いますが、
愚痴を言うだけでも全然かまわないんですよ。

実際にカウンセリングを受けていた方の話では、
泣きじゃくりながら話した日もあれば、
笑いながら世間話で終わる日もある、という事です。

カウンセラーは、患者の心に寄り添うことが基本なので、
「頑張って」とか「こうした方がいいんじゃない?」
などと指図するような事はありません。

本当に誰にも言えない話も聞いてくれますので、
辛い思いを抱えているのであれば、
一度試してみるのも良いかと思います。

でもやっぱり‥

いきなりのカウンセリングはちょっと、、、
という方は、

厚生労働省指定の不妊専門相談センターが
全国にあるので、そちらに電話をしてみるのも
いいかもしれませんね。

⇒ 「不妊専門相談センター

高齢不妊の治療には、

やはり、心の状態も安定していた方良いので、
上記の場所を利用して、無理をせずに
吐き出したいコトは吐きだしてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました