高齢妊活者の勘違いしている不妊原因とは

よく勘違いされている不妊の原因を2つ、
今日はお話したいと思います。

勘違いは不妊改善を遅らせてしまいます。
妊活している方、特に高齢になるほど時間との勝負となるので 勘違いしていて治療が遅れた‥なんてことにならないようにしてくださいね。

高齢妊活者の勘違いしている不妊原因2つ

では、1つ目。

高齢になればなるほど(?)
不妊の原因は妻(女性)にある、なんて思ってはいませんか?

もちろん年齢が増えれば誰だって老化しますから、
女性の場合は卵子だって確実に老化していきますし、
卵巣機能だって落ちてきます。

だからって、

高齢になって老化するのはなにも女性だけではありません。
男性だって年を重ねれば精子も劣化していきます。

男性は何歳になっても子供をつくれる。
不妊の原因は女性側。

そんなイメージが世の中にはある気がしますが、
それは大きな勘違いです。

ご存知でしょうか、
不妊で悩む夫婦の約半分は男性が不妊原因と言われています。

WHOの不妊原因のデータを見ると、
男性のみ…24%
男女両方…24%
と、ほぼ半分の割合の不妊の原因を男性がもっています。
(ちなみに、原因不明が11%、女性のみが41%です。)

もう一つ読んだデータでは、
妻が35~39歳の場合、夫の年齢が妻より5歳以上だと、
そうではない場合に比べて妊娠率が10%下がる
というものもありました。

別の資料では、
父親が40代だった場合、妊娠に至ったとしても、
自閉症で産まれる確率が高くなるというデーターもあります。

男性は高齢になるにしたがい精子が劣化していきますが、
40代からはその勢いは著しいです。

精子の劣化とはどういうことかというと、
奇形が増えます。
染色体異常が多くなるので受精できないし、
受精できたとしても細胞分裂ができないといった具合です。

高齢妊活を始める場合、女性ばかり頑張るのではなく、
男性も高齢になれば妊娠しにくくなるということも忘れてはなりません。

なにせ不妊の原因は半々の確率なんです。
お互い老化対策をしていくべきですね。

それでは2つ目。

“わたしって若く見られるから妊娠力も若いと思う♪”
…という勘違い。

今の人って本当に見た目が若い人が多いので、
こんな勘違いしている人って結構多い気がします。

確かに外見が若く見えるんだから、
内面(内臓面)も若そうに思えてしまいます(^-^;

でもこれは悲しいことに
外見と内臓面はイコールではありません。

どんなに若い外見でも年をとった分だけ卵子は老化してますし、
卵巣機能も低下して、妊娠力も落ちてしまっています。。。

これは誰でも高齢になれば例外なく同じです。

自身の見た目の若さに、
卵巣年齢や妊娠力を過信してはいけません。

 

いかがでしたでしょうか。
アナタは勘違いしていませんでしたか?

妊活を始めるのが早ければ早いほど
妊娠する可能性は大きくなります。

誤った勘違いをしていたばかりに妊活スタートが遅れたり、不妊改善が遅れるのは避けたいものです。

>>40代の不妊治療 3つの成功のカギ

妊娠に必要な微量栄養素を摂るためには

妊娠するためにはかかせない重要な栄養素といえば、
ビタミン、ミネラルなどの栄養素です。

でも実は、
これらの栄養素は微量でも充分とされています。

「えっ、私はちゃんと食生活を正して
足りない栄養素はサプリメントで補ってるけど
なかなか妊娠しませんが・・・」

そうおっしゃるアナタ。

原因は何かといえば、
それはただ単に“吸収されていない”だけかもしれません。

微量でいいとはいえ、
不足していれば当然妊娠はしにくくなります。

ですので、吸収率を高めなければいけません。
妊活には必須項目のひとつですね。

吸収率を高めるにはどうすればいいのか。

栄養を吸収してくれる場所、
の環境を整えることが重要となります。

腸内環境が悪化していると、
たった微量ですむはずの栄養でさえ充分に吸収できなくなります。

それだけではありません。

腸内環境が悪化していると
免疫力が低下してしまうという事態も招きます。

身体の免疫力が下がる時は当然
卵巣や、その中の卵子にも悪影響を与えます。
健康な状態を卵子は保つことができなくなり、
妊娠するには不十分な状態となってしまうのです。

さらに悪いことに、

免疫力が乱れると受精卵や精子を排除しようとしてしまいます。
詳しくはこちらの記事→高齢妊活のための「便秘改善」腸内環境を整えるにはをご覧ください。

まだあります。

腸内が悪化すると便秘になります。
それが続くと腸に老廃物が溜まっていきます。
これらの老廃物は、近い位置にある骨盤内の内蔵に
特に悪影響を与えやすいです。

骨盤内の内蔵とは、
妊娠にとって最も重要な子宮や卵巣などです。

そして、
便秘によって血行不良になると、内蔵の冷えを招きます。
“冷え”は臓器の働きを低下させる要因の一つであり、
妊娠の大敵であることは言うまでもありません。。。

妊娠に必要な微量栄養素を摂るためには、
もっというと、、、
妊娠するためには、
腸内環境がとても重要であることが分かると思います。

腸内環境が悪化するとどうなるか
ざっくりまとめますと、

妊娠に必要な栄養の吸収が阻害され、
卵子が健康でない状態になり、
子宮や卵巣の働きが下がることで妊娠しづらくなる。

・・・これだけの要因を招くと思うと、
腸内環境の悪化が不妊に大きな影響を与えている
といわれていることが納得できるのではないでしょうか。

逆に言えば、
腸内環境を改善することで妊娠しやすくなるんです。
それプラス健康な身体を手に入れることもできます。
老化対策にはかかせません。

食生活や生活習慣を改善して
腸内環境をより良い状態へ導きましょう。
そして「授かりやすいカラダ」になりましょう!

栄養素だだ漏れ注意報!?すべての妊活サプリを飲む前に。【スルーラ】

 

タイトルとURLをコピーしました