【そうだったのか!】肌のたるみ対策で無添加の美容液を選ぶ3つのポイント

いつまでも若くありたいと思いつつも、年齢を重ねるごとに、気になる肌のたるみ。そんな肌のたるみに効く、無添加美容液。以下の3つのポイントをふまえて、自分のお肌に合ったものを選びましょう。

肌のハリに効果的な成分が入っているものを選ぶ

肌のたるみの原因は、加齢による、コラーゲンなど肌の弾力を保つ成分の減少や、乾燥・紫外線・ストレスなどによる肌へのダメージなどがあげられます。肌にハリを戻すのに効果的な成分として、ビタミンC誘導体、レチノール、コラーゲンなどがあげられます。

これらの成分は、他にもシミ対策や毛穴ケアにも効果があります。肌にハリが戻ると、顔がリフトアップし、顔色もワントーンアップします。年を重ねるほどに、自分の体内でハリ成分を生成するのが難しくなってきます。化粧水や乳液に比べて、美容液には美容成分がたっぷり配合されているので、美容液などを上手に使ってエイジングケアをしましょう。

また、肌に負担を与えないよう、低刺激な無添加の美容液がおすすめです。

保湿性の高いものを選ぶ

肌のハリに有効な成分でケアしても、乾燥してしまっては、結果として肌のたるみは改善しません。ヒアルロン酸やセラミド、プラセンタなどの高保湿成分が含まれている無添加美容液を使って、肌の乾燥をしっかり防ぐことも重要なポイントです。

特にセラミドは、肌のハリ・ツヤ・弾力をキープして、アンチエイジング効果を発揮します。年齢とともに失われてしまう肌の弾力を取り戻すためにも、保湿は欠かせないものになります。肌の乾燥は、肌のたるみを引き起こすだけでなく、シミやしわまで目立たせてしまうので、しっかり保湿することが大事です。

自分の肌の状態をしっかり観察して、特に乾燥が気になるところはたっぷりと保湿したり、皮脂の多いところは控えめにしたりして、調整してもいいかもしれません。

続けられるものを選ぶ

自分の肌に合った無添加美容液でも、続けられなければ、かえってもったいないことになります。肌のたるみに効果があらわれてくるのは、1~2か月経ってから。無理して高価な美容液を一時的に使うより、使い続けられる価格帯のものを選んで、長期的に使う方が効果的と言えます。

そして、肌にハリが戻ったら、そのハリがなくならないように予防し、スキンケアを続けることが大事です。年齢に負けない、肌作り。自分自身のために、楽しく毎日が過ごせるように、日ごろの生活習慣に気を配ったり、表情筋のエクササイズを行うなどして、いつまでも若々しくいられるよう多少の努力も必要なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました