【重要!】30代から肌のたるみ対策を始めたほうがいいたった1つの理由とは?

20代は、特別なことをしなくても美しい素肌を保つことができますが、30代になりそのまま何もしないでおくと、ゆくゆくは肌のたるみを引き起こしかねません。ではどういった30代からのたるみ対策が必要なのでしょうか。

不摂生をしたツケが回ってくる30代

20代は、うっかり日焼けをしてもすぐに元に戻ったり、シミもできにくかったかもしれません。油っこい食事や甘いスイーツを食べ過ぎても吹き出物で肌が荒れることもあまりないでしょう。それに簡単なケアでハリのある素肌でいられます。しかしそんな毎日を送っていられるのもこの時期だけです。

30代は、20代に怠っていたツケが回ってきたかのように、様々な肌の悩みが出てきます。今まで気にならなかったシミが目立ってきたり、肌が乾燥して毛穴が開いてきたり、ハリが乏しくなってきたと感じる人も多いようです。

30代からの肌対策

シミやそばかすの原因をつくる紫外線は、シワやたるみも引き起こしてしまいます。強い日差しが照りつける夏はもちろん、その他の季節もずっと天気に関係なく紫外線は降り注いでいます。

食事では、ビタミンCをしっかり摂取し、緑黄色野菜などに含まれるベータカロテンなども摂るようにしましょう。ビタミンCは、いちごやキウイ、グレープフルーツなどに多く含まれています。ジュースにすると手軽に量も多く摂ることができます。

ベータカロテンは、トマトなどで摂れるので、サラダやトマトソースで取り入れてみてはどうでしょうまた、肌を紫外線から守る日焼け止めや、サングラス、日傘をさしてUV対策もしておきます。日焼けを防ぐマスクなどもあるので、必要に応じて使うのもいいでしょう。

たるみを防ぐ洗顔とケア

20代の頃の洗顔は、ただ洗顔料でゴシゴシと洗うだけだったかもしれません。しかし肌のたるみケアをするなら、洗顔はきちんと泡立ててから行いましょう。この泡が汚れを吸着するので、洗顔料はきめ細かく泡立てます。それには泡立てネットを使って固めの泡を作りましょう。指ではなく顔に泡があたるようにし、円を描くように優しくしっかりと洗います。水で流した後も、タオルで擦らないようにそっとあてるように拭きましょう。

化粧水を付ける時は、手のひらで保湿するのではなく、コットンを使います。その際には、目の下や、額の生え際、口の横のほうれい線あたりを丁寧にやさしく保湿するのです。ここはたるみが起こりやすい箇所なので、保湿クリームや美容液なども状況に応じてプラスしてもいいでしょう。

毛穴が目立つ時にはこの対策

毛穴が黒ずんできたり、開いていたら、早いうちにケアをしないと将来にはさらに目立つものになってしまいます。ケアをするには、まず毛穴の汚れをしっかりと落とします。汚れが黒ずみや詰まりの原因になっているので、クレンジングできれいに汚れを落とすことが大切です。

その際には、汚れを吸着する泥のクレイパックがおすすめです。クレイパックに含まれているのは、おもに天然のミネラル成分で、刺激も少なく肌のターンオーバーも促進する効果もあります。毛穴が気になる鼻や顔全体にも使えるのです。

毛穴は、年齢とともに広がってくることもあります。真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減ることにより、毛穴がゆるんでくるのです。

形は、縦に伸びたものになっており、30代後半から目立つ人が増えてくるので、毎日のケアには、コラーゲンやエラスチンを補うエイジング効果のある化粧品を選び、ひどくならないように早めの対策をしておきましょう。

きちんとケアをしていけば、肌は応えてくれるので、数年後も美しくいられます。

たるみのケアは早いうちに

20代で肌のケアをしないと30代になってからツケが回ってきてしまいます。ケアを怠ることで、将来の美肌は望めません。たるみなどの原因になる紫外線や食事、洗顔などのケアに気をつけることで、この先、たるみの加速を防ぎ、手をかけた分美しくいられるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました