【なぜ?】40代のアンチエイジングはオーガニックのスキンケアが良い理由

年を重ねるとどうしても肌トラブルが多くなってきます。アンチエイジングをするためには、スキンケアをする必要がありますが、肌トラブルを改善するにはオーガニックなど肌に優しいものを選ぶことが大切です。

加齢による肌トラブル

自分では若いと思っているつもりでも、肌はどうしても年齢が出てきてしまいます。加齢とともに肌トラブルは様々なことが起こりますが、それを予防したり改善していくためにはスキンケアが重要となってきます。

年を重ねると現れるのがエイジングサインです。アンチエイジングするためにも、このエイジングサインを見逃さないようにすることが大切です。エイジングサインが出るということがエイジングケアを始めるタイミングとも言えます。

具体的なエイジングサインとしては、毛穴が縦長になったり、口元や目元に小じわができる、頬が下がったように感じる、ファンデーションが浮いたり口角が下がる、きちんとスキンケアしたつもりでも数時間経つと乾燥する、シミが増えたように感じたときなどに注意が必要となります。

このようなエイジングサインの原因は、肌の乾燥によるものが多いとされています。これまでの紫外線によるダメージや肌への負担などが肌の潤い成分を減らすことによって、肌のバリア機能が弱まることで水分が蒸発しやすくなり乾燥につながっていきます。

そうなると小じわが増えたり、たるみやハリがなくなるなどの問題が出てきてしまい肌トラブルになります。そうならないためにもアンチエイジングできるスキンケアは重要です。

オススメのオーガニック成分

肌につけるものですので、肌に優しいものを使いたいという場合にはオーガニックのものがオススメです。アンチエイジングのスキンケアに向いているオーガニック成分は様々なものがあります。

具体的なものとしては、まず「ダマスクローズ」が挙げられます。肌を若返らせる成分があるとされている成分です。

「ローズマリー」は肌の老化につながる酸化を防ぐ働きがあり、「月桃」に含まれるカワインという成分がコラーゲンやヒアルロン酸の分解を防いで、「ネロリ」が肌を再生する機能を高めて、「ゼラニウム」は血行促進効果や老廃物を排出する効果があるとされています。

他にも細胞促進効果のある「プラセンタエキス」、メラニンの抑制をしてターンオーバーを整える「カモミールジャーマン」などがあります。アンチエイジングを目的にオーガニックスキンケアを選ぶ場合には、このような成分が配合されているものがオススメです。

オーガニックスキンケアの選び方

オーガニックのスキンケアにこだわりたい場合には、選び方が重要となってきます。

まずメーカーが何を基準にオーガニックとしているのかを説明を読んで理解します。こだわった製品である場合にはパッケージやホームページなどで、詳しく説明しており、納得した上で購入することが大切です。

認証機関の認証を得ているかをチェックするのも良いとされています。オーガニックコスメは世界的な基準がないのが現状ですが、認証機関はたくさんあるためそれを基準に選んでいきます。

また、実際に使ってみて使いやすさやな肌なじみなどもきちんとチェックします。

オーガニックが効果的な理由

アンチエイジングにオーガニックスキンケアが有効な理由は様々なものがあります。オーガニック栽培された植物の成分は通常の栽培された植物よりも、抗酸化力や活性力が強いことがわかっています。抗酸化力などが強ければアンチエイジングにも効果的です。

また、オーガニック成分なら肌本来の力を取り戻すことができ、肌自身が肌を潤わせようとします。香りも自律神経や女性ホルモンのバランスを整える効果があるため、体の内側からのケアにもつながります。

アンチエイジングに効果的なオーガニックスキンケア

アンチエイジングにはオーガニックスキンケアが有効です。さまざまな成分がアンチエイジングに有効で、抗酸化力などが高く、肌本来の機能を高める効果などもあります。選ぶときには、何にこだわっているのか、認証機関のマークがあるかなどをチェックして選んでいきます。

 

タイトルとURLをコピーしました