肌のたるみがほうれい線を作るって!?

ほうれい線ってシワじゃないの!?って思っている方は少なくないかもしれません。かく言う私もシワだと思っていました。

ほうれい線とは

ほうれい線とは小鼻から口元にかけて伸びた肌の溝のことを指します。

頬と口元の境界にあたりますが、医学では「鼻唇溝(びしんこう)」と呼ばれています。確かにシワであることも間違いないのですが、ほうれい線が出てくる原因は肌のたるみ・頬のたるみとなります。

ほうれい線はたるみが原因

加齢とともにほうれい線が気になってくるのは、年を重ねるごとに肌のたるみが進行しているからです。

ではどうして肌がたるんできてしまうのか!?と言えば、

ひとつの要因は「真皮が衰えてくる」からです。真皮を構成しているコラーゲンやエラスチン、線維芽細胞が加齢とともに減少したり変性してしまったりするからです。コラーゲンはその中で約70%、エラスチンは2~3%程を占めており、肌のハリや弾力の源となっています。

そんなわけでコラーゲンは日頃から食事やサプリで摂取することを心がけてくださいね。顔だけではなく、全身のアンチエイジングには必須の栄養素です。サプリで摂る場合は、低分子で高品質、そして無添加のものをチョイスすることをお忘れなく^^

真皮の衰えの原因は年齢だけではありません。

  • 肌の乾燥
  • 紫外線
  • 喫煙
  • 睡眠不足
  • 食事の偏り
  • むくみ
  • 肌の糖化・酸化
  • ストレス

などが挙げられます。

そして「皮下組織、皮下脂肪の衰えや肥大化」、「表情筋の衰え」も肌のたるみの大きな要因のひとつとなっています。

さらに、口周りの肌はとてもデリケートなのでダメージを受けやすい部位となります。例えば、食事をしたり口紅などのメイクや紫外線などのいろんな刺激を受けて、乾燥などの肌トラブルや老化を招きやすくなっているんです。

また、ほうれい線だけが“肌のたるみが原因”となっているワケではありません。ゴルゴライン(ミッドチークライン)やマリオネットライン、たるみ毛穴、目の下のクマなども肌のたるみが原因となっている場合がです。

肌のたるみの初期症状とは

肌のたるみの初期症状といえば、たるみ毛穴です。
たるみ毛穴とは、肌の老化によって目立ってくる縦長や涙型の毛穴のことです。

「若いころは気にならなかった毛穴が年齢とともに目立ってきた!」

「毛穴と毛穴がくっついているような感じがする‥」

など、そう思われているのなら それはたるみ毛穴の可能性が大きいです。そう感じているアナタはすぐにエイジングケアを始めましょう。

ほうれい線ケアは早く始めることに越したことはありません!
まだほうれい線が目立っていない状態でエイジングケアを始められても全く問題なく、むしろ対策を早く行っていくことが大切です。

また、上記の他にもほうれい線を悪化させてしまう原因はあります。

過度のダイエットやマッサージ、パッティングもNGです。猫背も悪いですね。前に首を突き出す姿勢になるので顔の皮膚が下に引っ張られる格好となるので顔のたるみの原因になりやすいからです。

あとは食べ物を噛むとき、片側でばかり噛んでいたら表情筋のバランスが崩れ骨格の歪みに繋がってしまいます。それと同じ意味では歯並びが悪いのもよくありません。

意外かもしれませんが、骨粗鬆症もほうれい線の原因となります。
骨が痩せてしまうので顔にたるみが起こり、ほうれい線が目立ってしまいます。アメリカの医学論文で、骨粗鬆症による頭蓋骨の崩れが、ほうれい線、目の下のたるみ、マリオネットラインに悪影響を与えるという事が諷示されています。

ほうれい線は遺伝も関係してきます。
どういうことかと言うと、肌質や骨格、顔の形、歯並び、筋肉などは遺伝で引き継がれるそうです。ほうれい線じたいが遺伝するのではなく、ほうれい線ができやすい肌質や体質が遺伝されるため、結果的に遺伝がほうれい線の原因になる、ということです。

ほうれい線ができやすい顔立ちは?

  • 目鼻立ちがハッキリしていて頬骨が高い人
  • アゴが細く筋肉や脂肪が少ない華奢な骨格の人
  • 丸顔で皮下脂肪が頬に付きやすい人

などが挙げられています。

肌のたるみやほうれい線に限ったことではありませんが、エイジングケアを行うのはアンチエイジングの化粧品を使って外側だけ老化対策をするのではなく、内側からもケアすることが大事になってきます。食生活や生活習慣が乱れている方はこれを機に是非見直してみてください。

タイトルとURLをコピーしました