顔たるみの原因と加齢について

加齢によりだんだんと気になってくるのが顔のたるみですよね。誰しも特に女性ならこのたるみを何とかしたいと思うことでしょう。

年を重ねると一体どうしてこんなにたるんでくるのか‥

美肌をキープし、いつまでも美しくありたいという永遠のテーマをもっている女性にとっては、皮膚がたるむこの老化現象は大きな悩みのひとつとなります。

顔のたるみの原因について

肌にも年齢があります。人間の肌と言うのは細胞分裂を繰り返しているわけですが、実はその回数には限りがあるんです。なので肌の細胞分裂が出来なくなった時、つまり肌の再生ができなくなったときに「たるみ」が出始めるという話もあります。

皮膚の構造は、表皮、真皮、皮下組織の3層で成っています。それを筋肉が支えているという形です。顔のお肉を支えてくれているこの筋肉が年齢を重ねるごとに衰えてきます。それが“加齢からくる顔のたるみ”が起こる原因となります。

ですがそれだけではありません。

年をとっていくと美肌成分のコラーゲンやエラスチンが減少してしまうという皮膚の内部側にも肌のたるむ原因が出てくるのです。コラーゲンやエラスチンが減ることにより肌を支えている筋力が更に減少するという悪循環をも作り出してしまいます。

筋力はどうしても加齢で衰えていってしまうので、重力にも負けてしまいます。その結果下へ下へと皮膚は落ちていってしまうのです。

逆に言えば、皮膚を支える筋肉を鍛えることができれば、たるみは出てこないということですね。

加齢だからしかたがないと放置するのではなく、顔のたるみの原因を自分なりに探してうまくエイジングケアをしていくことが大切です。

他にもまだあります。

肌の乾燥も顔のたるみの原因になるといわれています。乾燥は老化を早めるともいいますので何としてでも避けたいものです。

皮膚が乾燥すると何が起こるかと言うと、美肌成分のコラーゲンやエラスチンを作っている皮膚細胞の繊維芽細胞が正常に機能しなくなってしまうのです。そうなると必然的に肌を健康に保ってくれるコラーゲンやエラスチンが足りなくなり、ハリを失った肌になってたるみが起こってしまいます。

顔の皮下脂肪が減ることによってもたるみを引き起こしてしまいます。皮下脂肪組織の働きが年齢によって特に弱まる部位が“目の周り”です。目元のシワが濃くなったり目がくぼんだりと顔のたるみが気になってくるのはこのせいです。

 

避けることのできない「加齢」ですが、乾燥への対策なら常に気をつけることは出来ます。肌が乾燥していては、せっかくアンチエイジングの化粧品を使用して顔のたるみを改善しようとしても、その力は発揮されず、たるみを抑えることができません。ですので日頃の生活で、肌の乾燥を防ぐように気をつけていきましょう。お風呂上りには保湿をしっかり心がけてください。肌が乾燥しないように常に気をつけていけば顔のたるみを改善することは無理なことではないのです。

エイジングケアをやっているのといないとでは間違いなく大きな差が出てきますので、年を重ねて変化していくアナタの肌としっかり向き合ってご自身に合ったたるみ対策を行っていってくださいね。

顔の筋肉について

顔の筋肉は非常に小さく、そしてデリケートです。
30もの筋肉が顔や首にはあるのですが、それらが衰えてくると目が細くなったり二重顎になったりします。頬もたれてしまうので口角も下がってしまい、まさに女性なら避けたいと思ってしまう症状になってしまいます。

顔の筋肉と言うと思いつくのは「表情筋」ではないでしょうか。その中でも、衰えるとシワやたるみ、二重顎になってしまう筋肉は下記の部位です。

額に横ジワができるのは前頭筋(ぜんとうきん)の筋力が低下するからです。この筋肉はマユの上からヒタイにかけての部位にあります。

筋力が弱まってくると上まぶたのたるみや目じりのシワになるのが眼輪筋(がんりんきん)といわれる筋肉です。役目はまぶたを開けたり閉じたりします。

口角を上げる働きをする頬筋(きょうきん)の筋力が弱まると口角が下がってきます。まるで怒っているような感じの口もとになってしまうのがイヤですね。

そして、くちびるの下からアゴに伸びる筋肉が頤筋(おとがいきん)になります。二重顎になってしまうケースにこの表情筋の衰えが原因になっていることがあります。

 

適度に顔の筋肉のエクササイズを行うのが良いとも言われていますが、やりすぎは逆効果になってしまうのでくれぐれも注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました