顔のたるみやすい人の特徴とほほたるみの対策

顔にたるみが起こりやすい人の特徴として、胃腸など内臓が弱いということがまず挙げられます。

胃腸が弱いと食べたものの栄養を上手く吸収することができません。その上、弱い内臓で作られる血流の状態も悪いのでなんとか吸収できた少ない栄養素さえ皮膚まで行き届くことが難しくなるからです。その結果、顔の肉を支えている筋肉の力が低下してしまい顔にたるみが出てきてしまうのです。

顔のたるみで悩んでいて、内臓が弱いという原因に思い当たる人は よく噛んで食事をとるということを意識してください。そうすることによって筋肉を動かすことにもなり、消化も良くなるので一石二鳥です。

冷え症の人も血行が悪いため顔がたるみやすくなります。身体を冷やすようなことは極力避けてください。運動を適度に行うのも良いですね。

仕事などで同じ姿勢を長い時間とっている人も顔がたるみやすいといわれていますが、運動不足がよくないのでしょう。血流を良くすることをできるだけ心がけてください。

それに、同じ姿勢というのは筋力を衰えさすことにもなってきます。ですので無表情な人も顔のたるみを招いてしまいがちです。無表情な時は口角が下にさがっている場合が多いので、意識的に口角を上げるようにしたり、顔の下半分を動かすようにしてみてください。

 

たるみを作る原因というのは他にもあります。加齢による肌老化もそのうちのひとつですね。

そんな中でとくに女性が気になっているという部位が頬のたるみなのだそうです。確かに‥わたしもそうです(^-^;

頬って顔の表情に大きく関わっている部位ですよね。笑ったり泣いたり、食事の時は咀嚼筋を使って口を動かしたりと、毎日の生活の中で特に意識していなくても実はよく使っているパーツです。なので意識してこの筋肉を使うことによって更にたるみ防止に役立ってくれるかと思います。

ほほたるみの対策と予防

老けた顔の印象になってしまう頬のたるみ・・・。そうならないためにも頬たるみの予防や対策の方法をお伝えしたいと思います。

色々とほほたるみの防止対策の仕方はあるのですが、基本となるのは肌のケアとなります。肌を乾燥させないことが一番といっていいほど大事です。加齢をともなっている頬たるみなら、アンチエイジングの化粧品でのエイジング肌ケアが最良です。乾燥肌を改善に導いてくれる保湿成分はもちろん、老化肌に対する様々な対策成分がしっかり備わっているからです。

ほほのたるみを予防することによってシワも防ぐことができます。しっかりと肌に水分を補ってプルプル肌を目指しましょう。乾燥はカサカサした肌という見た目だけではなく、肌を傷める原因にもなります。常日頃から保湿には気をつけていきたいものです。

 

そして、もうひとつ頬たるみ予防の対策に大切なことと言えば「食生活」です。肌に良いといわれている食べ物は積極的に摂り入れていってください。

ですがそうは言っても食べられる量には限度があります。肌に良いといわれている栄養素を摂ろうとしても、種類も量も沢山あるのでお腹いっぱいになって食べきれませんよね。そんな場合はサプリメントを利用して、食事で摂れない栄養素をしっかり補給してください。美しく健康的な肌を作ってくれる栄養素はコラーゲンやアミノ酸、ビタミンです。

>>コラーゲンはたるみに効果ある?

他にはむくみが頬たるみの原因となっているケースもあります。むくみやすい方は原因を見つけて改善することが大切です。むくみに悩んでいる方は食べ過ぎや飲み過ぎには注意してください。

あとは紫外線対策も重要となります。老化対策にも必須となりますので外に出かける時は日焼け止めをお忘れなく!

それ以外にも疲労もたるみを作ってしまうモトとなります。気持ちが沈んでいる時、ストレスを抱えている時など表情は知らずと暗くなっていて気づくと頬が下にたれている‥なんてことにもなりかねません。

頬たるみ防止のためにもストレス発散を心がけてください。重力に負けないように適度のエクササイズも良いですね。健康的な生活を送ってアナタ自身のたるみの原因を把握することで予防、改善することはできるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました