目の下たるみの原因と予防のためのマッサージ方法

目の下にたるみができてしまうのは「老化」のせいだけではなく、幾つか原因が考えられます。そのうちの大きな要因となっているひとつを取り上げてみます。

目の下たるみの原因

脂肪でできている目の下のたるみは、目の周りの筋肉が弱まってしまうと目の下の脂肪を支えることができなくなり結果的に垂れ下がってきてしまいます。それに、筋力が弱まると肌の弾力も衰えます。さらにリンパの循環の悪化及び血行不良によって余分な脂肪や水分が排出できなくなることによって皮下脂肪の脂肪細胞が膨れ、これが目の下のたるみ原因となると言われています。

目の下の脂肪をたくさん持っている体質の方は、たるみやクマがきやすいとのことです。生まれつき目の下の脂肪が多かったり少なかったりしますが、脂肪の多い方というのは色素沈殿になりやすく目の下のトラブルを起こしやすいようです。さらに目が大きく、ほほ骨が張っているという方はたるみを目の下に起こしやすいのです。

このように目の下にたるみを作ってしまう大きな要因のひとつに、筋肉が衰えてしまうことが挙げられますが、筋肉が衰える原因は毎日の生活の中で作っている場合もあります。

例えばパソコンを長時間見たり、パチンコをずっとやっていたりすると、気づかぬうちに瞬きが減ってしまっているため目の周りの筋肉があまり使われず弱まってくるのです。

他には日々使っている基礎化粧品にも原因があるかもしれません。目の下のたるみの元となるのは油分の多い化粧品や界面活性剤が入っている化粧品です。これらの添加物や油性成分は肌の弾力成分を壊してしまうため、たるみの原因となってしまうのです。

弾力成分を壊すのはそれだけではありません。紫外線もまた皮膚の真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの弾力成分を破壊します。皮膚の弾力がなくなれば目の下のたるみに繋がってしまうので長時間紫外線を浴びることのないように気をつけてください。出かける時は紫外線対策を忘れずにしましょう。

目の下のたるみマッサージ

目の下たるみを防止するために目もとのマッサージをする方法があります。マッサージは目の下のたるみを防ぐだけではなく皮下脂肪がつきすぎるのも予防してくれます。マッサージをすることによって血流を良くして新陳代謝を正常に整えるからです。

やり方は、

まず、こめかみから目の下にかけて指の腹で軽く押すように目の下をマッサージします。
次に、目の上にもっていき再びこめかみに戻って押すようにマッサージすると血行が良くなります。

また、強く目をつぶった後にぱっと開くという動作を繰り返す運動もマッサージとなり、目の周りの筋肉を刺激してくれます。

顔の筋肉の表情筋を鍛える方法は、
顔の中心を寄せるようにして5秒、そのあと力を外側に入れて開くようにします。

 

このように目もとに力を入れたり眉を上げたりすると、普段は使われていない筋肉に刺激がいくので目の下のたるみ改善に役立ってくれるのです。

ただ注意が必要なのは薄い皮膚の人です。そんな方は細かいシワができてしまう場合もあるので、もしマッサージを行うのであれば保湿をしてからにしてください。

化粧水でケアをする場合は目の周りを軽くタッピングすると血流が良くなって効果的ともいわれます。

目の下のたるみと、まぶたのたるみを解消するツボ押しマッサージも良いですね。

目の下のたるみと、まぶたのたるみを解消するツボ押しマッサージ

強すぎる刺激のマッサージは逆効果ですが、強くこすらず優しく行うことによって血行を促し肌のターンオーバーを整えてくれ、たるみの原因ともなる皮下脂肪もつきにくくなります。

目の下はとてもデリケートです。くれぐれもやり過ぎないように注意してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました