たるみに影響しない洗顔方法と洗顔が必要な本当の理由

顔の洗い方って、結構自分流でやってる方が多いのではないでしょうか。洗顔の正しい方法に関して詳しく分かってる方は実はあまりおられないかもしれません。正しい洗顔のやり方を知っていれば、たるみなどの老化肌や肌荒れ等を防ぐことに役立つかと思います。洗顔は時間をかけてやる必要はないんですよ。

洗顔方法の基本と洗顔前の準備について

私たちが毎日行っている洗顔について、その正しいやり方は意外と知られておりません。数年後のお肌の状態は顔の洗い方ひとつで違ってくるとも言われています。では、その洗顔の基本的なやり方を説明していきます。

1.まず、ヘアーバンドやゴムなどできちんと髪をまとめておきます。髪の長い方は後ろに束ねるようにしておきましょう。額や髪の生え際、耳の前もしっかり洗えるように顔に髪がかかって邪魔にならないようにするためです。

2.洗顔をする前には自分の手を石鹸でキレイに洗ってください。自分の皮脂なども含め手が汚れていると、顔を洗うための洗顔料の泡立ちが悪くなります。

3.洗顔料を使う前にまず顔を湿らせます。あくまでも湿らす程度で濡らし過ぎないでください。顔に水をつけて軽くふき取ったぐらいの湿り具合がベストです。これにより顔についている軽いほこりや汚れを落としてくれるのと同時に、洗顔料を乾いた肌につけていくよりも泡に汚れを巻き込みやすくなって洗浄効果を高めてくれます。さらに弱酸性の肌にアルカリ性の洗顔料をいきなりのせると強い刺激となりますが、それを抑える効果もあります。

この時に水ではなくぬるま湯を使うと、顔の毛穴も開かせてくれるのでより効果的になります。ただし熱いお湯を洗顔に使うと肌の乾燥原因にもなるので、かなりぬるいぐらいの温度が良いでしょう。

4.次に洗顔料を泡立てます。きめ細かい泡ほど汚れをよく落としますので空気を沢山含ませてよく泡立て、卵ぐらいの大きさの固い泡を作ってください。泡立てがしっかりされていないと余分に皮脂を奪われてしまうため、過剰な皮脂の分泌を促してしまうことになりかねます。

5.作った泡を顔にのせ、泡を転がすように洗います。汚れを泡で包み込むイメージで、軽すぎかなと思うぐらいでも充分汚れはとれますので絶対に顔をこすらないようにしてください。洗い過ぎると肌はアルカリ性に近づいてしまい抵抗力を落とすことにもつながります。

たるみに影響してしまう洗い方はダメ!

顔を洗う時に手の動きを意識されているでしょうか。その動き(方向)を間違えてしまうと肌老化の原因にもなってしまいます。意識するべきなのは筋肉です。筋肉の走行に沿って手を動かせば自然とリンパの流れに沿って手を動かすことになって老廃物の排出にもたるみ改善にも繋がってきます。

やり方は、コメカミを目指して、内側から外側へくるくると円を描くように動かしていきます。

鼻は上から下方向へ指の腹で撫でるように動かし、小鼻は 下から上へ円を描くように。
目もとは、目尻→下まぶた→目頭→上まぶた→目尻の順に優しく指をすべらします。

この方向を守って洗顔するだけでも、今まで間違った洗顔をされてた方はプルンと肌が上がったような体感ができると思います。

6.洗顔後は、洗顔料が残らないようにしっかり水ですすぎましょう。すすぎ終わったら柔らかい清潔なタオルで水気を軽く吸い取ります。この時もこすらないように注意してください。やさしく行うことが大事です。

洗顔料の選び方

洗顔料は自分の肌に合ったものを選ばなければいけません。よく、肌に優しい弱酸性と謳っている洗顔料をCMなどでも見かけますが、これは皮膚の表面が弱酸性というところに焦点を当て、皮膚と同じ弱酸性の洗顔料で肌の負担を軽くしようということです。

しかし、弱酸性の洗顔料を使ったとしてもそれを洗い流すのに中性の水道水を使います。なので洗顔が終わった時点では肌は中性なのです。

人の肌というのは中性やアルカリ性に肌がなった場合でもアルカリ中和能力があるので少したてば弱酸性にもどります。それに洗顔後に使うであろう化粧水も弱アルカリ性ですので、基礎化粧品を使った時点で弱酸性に肌は戻るのです。ですので とりたてて弱酸性の洗顔料を選ぶ必要はないですし、弱酸性のものが安心だとも一概には言えません。

洗顔料を選ぶ時の大事なポイントは、弱酸性か否かというのは気にすることではなく、自分の肌質に合っているかどうかが大切なのです。乾燥、脂性、混合と、どんな肌質なのかによって合う洗顔料は異なってきます。

ここで注意しておきたいのは、乾燥肌の方はしっとりタイプを選ぶ場合が多いと思いますが、しっとりとノーマルの違いは油分や保湿剤が配合されているかいないかの違いだけ、というのがほとんどですので、その油分がアナタの肌にとって多すぎてしまうと
かえって乾燥を招いてしまう場合もあるため気をつけなければいけません。

洗顔が必要な理由

洗顔の正しい方法を覚えるのも大切なことですが、洗顔そのものの大切さもぜひ知っておいていただきたいです。

人の皮膚の生まれ変わりは、だいたい4週間~6週間という周期で新しい皮膚に変わっていきます。新しい皮膚が生まれると古い皮膚は剥がれ落ちるという仕組みになっていて、常に顔の皮膚は生まれ変わっています。

この皮膚の再生を順調にするためには古い皮膚である垢を落とす必要がでてきますが、洗顔をしないで垢をためたままでいるとシミやくすみなどの原因にもつながってきますし、古い皮膚が残ることによって表皮がかたくなりシワが深くなってしまうことにもなります。さらに汚れや肌の油分も溜まっていると当然ながらニキビや肌荒れのもととなってしまうのです。

洗顔は毎日の事なので、朝の忙しい時や疲れて帰宅したときなど顔を洗うのがおっくうに感じるときがあるかもしれませんが、洗顔がもたらす効果や意味が分かれば自らやろうと思うのではないでしょうか。

自分に合った洗顔料で正しい洗顔方法を行い、保湿と清潔さを保てば、健やかで潤いのある肌でずっといられますね。

タイトルとURLをコピーしました