健康 食べ物

悪玉LDLコレステロール値を下げる為にまずはやる事

投稿日:

“健康診断”を数年ぶりに受けてきました。

何故かと言えば、
体の不調があまりにも目についてきたからです( 一一)

その結果はやはり悲しいものでした。。。

問診では、

日常生活に支障をきたすほどの
腕と指の痛みを真っ先に訴えてみたら・・・

腕の痛みは四十肩(五十肩)、
指の激痛は関節リウマチっぽい、、、
「原因不明の神経痛(だと思う)からどうしようもないねっ^^」て
明るく先生に言われました。(^-^;

同じ痛みをお持ちの方、
これらの痛みは「整形外科」へまずは行くそうです。




続いて血液検査でひっかかったものは、

血圧、BMI、コレステロール…
など、まだあるけど省略します;(どんだけ不健康だ)

今回は、数あるBとC判定の項目の中から
「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」をピックアップしてみましたw

下げるためにまずはやるべき対策、方法です。

 

痩せているのにLDLコレステロールだけ高い

BMIとコレステロールが引っかかるって、
どんだけ中年太りなのよ…って思いますよね。

私もそう思って自分の値(18)で調べたら、、、
ヴィクトリア・ベッカムさんとBMIが同じことが分かりました。( ̄▽ ̄)あはっ
まさかのデブじゃなく、痩せの方で引っかかってたことが判明。

女性はアラフォーからこのようなタイプが多くなるそうです。
女性ホルモンが関わっているので、特に更年期の世代が多いそう。

私が今 更年期なのか、
更年期めざしてもっとコレステロール値が高くなるのかは謎ですが、

「痩せているのにLDLコレステロールだけ高い」という方は、
コレステロールを下げる食事に切り替える必要がある、といいます。

悪玉LDLコレステロールを増やすもの

それでは、

食べている物の中で、ワースト1位(?)を争う
悪玉LDLコレステロールを増やすものといえば何でしょうか。

ハイ、それは「トランス脂肪酸」です。

このトランス脂肪酸は、
悪玉LDLコレステロールを増やすだけではなく、
増えてほしい善玉のHDLコレステロールを減らしてしまうんです。

最悪です。

悪玉LDLコレステロール値を下げる為にまずやる事は、
この「トランス脂肪酸」を避けること、です。

悪玉LDLコレステロール値を下げる為にまずはやる事

先に述べていますが、
「トランス脂肪酸」を避けること、です。

身近にあり過ぎて、
それゆえ知らぬ間に沢山摂ってしまっていると思われます(;一_一)

若い時は身体機能も若いので、
せっせとデトックスされていたのかもしれませんが、
年を重ねると、身体機能も老化して
デトックスされずらく、毒素が溜まりやすくなるのは否めません×××

何はともあれ、
悪いものは摂らないにこしたことはありません。

悪玉LDLコレステロール値を下げること

簡単に対策出来る身近なところから
まずはやっていこうと思います。


トランス脂肪酸がもたらす危険

さて、発ガンの原因となることで有名なトランス脂肪酸ですが、
悪玉コレステロールを増殖させる他にも
カラダに悪影響を及ぼすことが沢山あります。

まず、悪玉LDLコレステロールを増やすので
動脈硬化になりやすくなります。

動脈硬化は、
高血圧、心筋梗塞、心不全、心肥大、狭心症、
脳梗塞、腎硬化症、閉塞性動脈硬化症、脳出血、クモ膜下出血…
などなど、多くの病気の原因となります。

さらに、痴呆、アルツハイマー病、糖尿病、
アレルギー、アトピー、クローン病(ドイツで証明されています。)
それに不妊の原因にもなると発表もされてます。
(参照:不妊に関係していると発表された食べ物)

また、乳児にも母乳を通じてトランス脂肪酸が移行すると
研究等で確認されています。

このような悪影響を与えるのは、
人工的に作られるトランス脂肪酸であります。
(↑水素添加して生成されるマーガリンやショートニングなど。)

牛肉や羊肉などに含まれる天然のシス型トランス脂肪酸は
わずかな含有量のため心配には及ばないという話も聞きますが、

天然だから安心というワケではなく、
含有量がわずかだから心配には及ばない、ということであり、
天然も人工もどちらもトランス脂肪酸には変わりなく
悪影響の作用は変わらない、という見解もあります。

「マーガリンではなくバターの方がいい」というハナシ。

トランス脂肪酸といえば、
“マーガリン”がポンっと思いつく人って多いかと思います。

ということで、
トランス脂肪酸で有名どころ(?)のマーガリンを見ていきましょう。

 

そもそもどちらもトランス脂肪酸が入っているのに
どうしてバターがいいなんて言うのでしょうか。

バターは乳製品(牛)で天然トランス脂肪酸だから安心?
それともバターにはトランス脂肪酸の含有量が少ないとでも??

私は後者の方だとずっと思っていたのですが、
違いました。

もちろん前者でもありません。
この話は間違いなので気をつけてください。

バターにはトランス脂肪酸が約1.7~2.2%も含まれています。

今のマーガリンは、
トランス脂肪酸含有量が1.7%未満のものはけっこうあります。

なのでトランス脂肪酸含有量が少ないマーガリンを使う方が
バターを使うよりマシとなります。

私が使うようになったマーガリンは、
べに花ハイプラスマーガリン」です。

トランス脂肪酸含有量は0.5%です。

もっと含有量の少ないものもあるのですが、
いろんな添加物が入っていないこちらを選びました。
(添加物も悪玉コレステロールを作りますからね‥)

味は普通に美味しいですが、あっさりしています。
別の言い方でいうと、、、コクがないような感じ。
(※あくまで個人の感想です^^;)

店頭にはほとんど置いてないようなので、
購入はネットからになってしまうのがちょっと残念です。

参考までに、添加物あるなしに関わらずですが、
トランス脂肪酸が少ないマーガリンを紹介しておきますね。

【トランス脂肪酸含有量1.0%未満】

・「ネオソフト」雪印(0.8%)
・「べに花ハイプラス マーガリン180g」創健社(0.5%)
・「発酵豆乳入り マーガリン 160g」創健社(0.4%)
・「トップバリュ キャノーラソフト バター風味ソフト160g」イオン(0.4%)
・「小岩井マーガリンヘルシータイプ 180g」小岩井乳業(0.34%)
・「ツキマルシルバーホイップマーガリン 5g」(0.3%)マリンフード
・「トップバリュ キャノーラソフト カロリー1/2 180g」イオン(0.23%)

 

今回はマーガリンを取り上げましたが、
トランス脂肪酸といえば、毎日調理に使う“油”もチェック必須です。
また次回に詳しく語りたいと思います。



-健康, 食べ物

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.