夏祭り・花火 季節行事

東京で一番有名な花火大会と「たまや~かぎや~」掛け声の由来

投稿日:

都内で一番有名な花火大会といえば、、、
やっぱり隅田川花火大会ですよね。

毎年テレビ東京でテレビ中継されるくらい人気の花火大会です。



日本の花火大会のルーツ

隅田川花火大会は、日本で初めて行われた歴史ある花火大会です。
そのルーツは今から280年以上昔、
1733年、徳川吉宗の時代にまでさかのぼります。

きっかけは、花火大会の前年、1732年に享保の大飢饉に端を発します。
この年は冷夏で、西日本各地が凶作に見舞われました。

餓死者が12,000人(一説によれば97万人近くとも言われる)にも上る、
すさまじい被害を出したのだそうです。

さらに、年が明けて1733年の正月、
飢饉によって米の価格が急騰し、貧困にあえいだ江戸町民によって、
米問屋の高間伝兵衛宅が襲撃される享保の打ちこわしが行なわれました。

そんな背景のもと、

時の将軍、徳川吉宗が大飢饉で亡くなった人々の魂を弔うため、
両国橋たもとで水神祭を執り行い、その余興として花火をあげた
というのが隅田川花火大会のルーツなんです。

 

「たまや」と「かぎや」

花火大会の掛け声といえば「たまや~かぎや~」ですよね。

この掛け声の発祥も隅田川花火大会です。

最初の隅田川花火大会を担当したのは、
日本橋横山町の6代目鍵屋弥兵衛という有名な花火師でした。
その後、隅田川花火大会は年々規模が大きくなっていきます。

時は流れ、1808年、鍵屋の番頭静七がのれん分けを許され、
両国吉川町で玉屋市兵衛と名乗ります。
こうして江戸の二大花火師「鍵屋」と「玉屋」ができあがりました。

年に一度の花火大会では、隅田川の上流を玉屋が、
下流を鍵屋が担当して二大花火師が技を競いました。

江戸市民たちはこぞって「玉屋~」「鍵屋~」と声援を送ります。
これが、現代まで残る「たまや~」「かぎや~」という掛け声の由来です。


現代の隅田川花火大会

隅田川花火大会は、毎年7月の第四土曜日に開催されます。

打ち上げは、江戸時代と同じように2カ所に分けて行われます。
第一会場では約1万350発、第二会場では約1万1650発が上がります。

第一会場では花火コンクールが行なわれ、有名花火職人たちの技を堪能できます。
第二会場では創作花火やスターマイン(速射連発花火)を楽しむことができます。

毎年、100万人近い人出があるので、観賞するなら事前に下調べが必要です。

オススメは屋形船やヘリコプターからの鑑賞。
公式サイトで事前にプログラムを入手しておくと、より楽しめます。
ゆっくり見たいなら、
花火の見えるレストランやホテルを事前予約しておくという手もありますね。



-夏祭り・花火, 季節行事

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.