季節行事 敬老の日

敬老の日プレゼントすると喜ばれる人気の花の種類と花言葉

投稿日:

敬老の日のプレゼント。
毎年のことですから、何を贈ればいいのか迷ってしまいますね。





そこで提案です(*’▽’)b
敬老の日にふさわしい花言葉を持つ花を贈ってみませんか?

ということで、

今回は花束や鉢植えでプレゼントされてうれしい、
敬老の日に人気の花の種類を花言葉を添えて、まとめてみました。

・・・逆に、
贈らない方がいい草花も載せておきますので参考にされてみてください。

敬老の日にふさわしい花言葉をもつ草花

敬老の日の贈り花として定着しつつあるのが「リンドウ」です。
花言葉は【愛情、誠実、高貴、正義、勝利】。

リンドウの根には薬用成分があり、漢方の原料にもなっています。
ですから病気に打ち勝つという意味を持っているので、
病床にある祖父母へのプレゼントにもいいでしょう。

ただし、病気の祖父母へ送る場合は、鉢植えは避けて花束を贈ると良いです。
鉢植えは、根つくから寝つくを連想させ、縁起が悪いと考える人もいるからです。

「ピンクのバーベナ」には【家族の和合】という花言葉があり、
いつまでも家族仲良く過ごしたいという願いを込めて贈ることができます。

感謝を伝えたいなら「ピンクのカーネーション」「ピンクのバラ」「カスミソウ」
これらには【感謝】という花言葉があります。

カーネーションやバラ、カスミソウは、いつの時期にも出回っているので、
プレゼントしやすいのがいいですよね。

また、「カスミソウ」には【幸福】といった花言葉もあります。
メッセージカードに花言葉も添えて贈れば気持ちが伝わり喜ばれます。


敬老の日には贈らない方がいい草花

先ほど触れたように、入院中の祖父母には鉢植えの草花は厳禁です。
花束やアレンジメントをプレゼントする方が良いでしょう。

また、菊の花には高貴・高尚などの良い意味の花言葉があり、
ヨーロッパなどでは恋人や家族に贈るプレゼントの定番花ですが、
日本では仏壇やお墓に供えられる仏花のイメージが強いので
特にお年寄りに贈るのはタブーです。

また、あまり良くない意味を持つ花言葉の花もあります。

「黄色いバラ」には【愛情の薄らぎ、嫉妬】などマイナスイメージの花言葉があります。
「黄色いカーネーション」の花言葉は【軽蔑】。
「キンギョソウ」の花言葉は【おしゃべり、でしゃばり、おせっかい】。
「ラベンダー」の花言葉は【沈黙、不信感、疑惑】。
「スカビオサ」は【私はすべてを失った】
などです。

このように、マイナスの意味を持つ花言葉を持つ花は
あまり気にしない人にならいいですが、、、やはり
敬老の日のお祝い花にはあまりふさわしくないかもしれません。

あげる側も、貰った側も、喜ばしい花を贈るとよいですね。

関連記事
敬老の日って何するの?由来は?何歳から祝うべき?
敬老の日に贈りたい・孫から贈るメッセージカードの例文




-季節行事, 敬老の日

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.