ハロウィン 季節行事

ハロウィン飾り付けはいつから始める?玄関や庭の飾りつけの片付けは?

投稿日:

日本にもだんだんと定着してきたハロウィン。

10月31日がハロウィンにあたりますが、
いつから飾りつけをすればよいのか迷いますよね。

今回は、
ハロウィンの飾り付けはいつから始める?
玄関や庭の飾りつけはいつ片付ける?
ついでにサンクスギビングデーと呼ばれる感謝祭のハナシもしています^^




ハロウィンの祭り・飾り付けはいつから始める?

ハロウィンを日本でも祝うようになったのは、ここ最近のこと。
キリスト教のお祭りのように考えられていますが、
もともとケルト人の魔除けのお祭りがハロウィンの起源となっています。
(ハロウィンの起源やかぼちゃを飾る意味は?家にあるもので仮装しよ~)

ですから、キリスト教でもハロウィンに対して寛容な宗派もあれば、
厳格に聖書の教えを守っている宗派では異教のお祭りとして容認しない
という態度をとっている場合もあります。

日本ではなじみのなかったこのお祭りを取り入れたのは
東京ディズニーランドでしょう。

1990年代後半から始まったハロウィンイベントが広まり、
菓子業界やキャラクター業界など各企業が参入してハロウィンを祝うようになりました。

そのため、一般家庭ではいつからハロウィンの飾りつけを始めるのかは、
まだまだ手探り状態といったところ。

レストランや店舗などでは
9月中旬ころからハロウィンの飾りつけを始めるところが多いようですが、

一般的には、10月に入ってから、
または、ハロウィンの1週間ほど前から飾りつけを始めるケースが多いようです。


庭や玄関の飾りつけはいつまで?

ハロウィンの飾りはいつしまえばよいのか?
これも明確には決まっていません。

ですが、あまり長く飾っておくのも季節感が台無しになり興ざめですから、
ハロウィンが終わった11月1日には片づけると良いでしょう。

実際、スーパーやレストラン、ショッピングモールなどでも
11月1日からクリスマスシーズンが始まり、装いを新たにします。

 

本場アメリカでは
ハロウィンからクリスマスの間に、サンクスギビングデーと呼ばれる感謝祭があります。

これは、イギリスから海を渡ってアメリカに移住した人々が
アメリカを開拓して初めての収穫を祝い、神に感謝を捧げ、
ネイティブアメリカンを招待してご馳走をふるまったことに由来します。

11月の第4木曜日がサンクスギビングデーにあたり、
この日は家族や友人たちが集まって七面鳥を食べます。

多くの企業はサンクスギビングデーの木曜から日曜までを4連休とし、
家族の元へ帰省できるようにしています。

最近、耳にするようになったブラックフライデーとは、
サンクスギビングデーの翌日の金曜日のことです。

この日はデパートやショッピングモールなどで大セールを行います。
このブラックフライデー目当てにアメリカへ旅行する人も多いんですよ。

関連記事

ハロウィンの手作り飾り付けアイディア3選




-ハロウィン, 季節行事

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.