イルミネーション 季節行事

自宅でイルミネーションを楽しむ!電源は窓からとれる?気になる電気代とマナー

投稿日:

寒くなってくると、家の壁や庭、塀などにイルミネーションを飾る家が見られますよね。
クリスマスが近くなるとイルミネーションを飾る家は増えていきます。



今年こそはイルミネーションで家を飾ってみたいな♪
と考えているご家族のために、
イルミネーションで自宅を飾る方法についてまとめてみました。

電源はどこからとる?

家の外に電源がある場合はいいですが、
ない場合は家の中から電気をとらなければいけません。

その場合はすき間用電源コンセントを使うといいです。
コードの一部が薄いテープ状になっているので、
窓や扉を閉めたまま室内から電源をひくことができます。

ですがやはり窓から電源をとると、
窓を完全に閉めることができない場合もでてくるかもしれません。。。

そんな場合は外から冷たい外気が室内に入ってこないように
隙間埋めテープを取りつければ万全です。ホームセンターや100円均一などに売っています。

窓が閉められない一般のコンセントを使用した場合は、窓の鍵を閉められなくなってしまうので、専用の鍵を、これまたホームセンター等で買ってきて取りつけてくださいね。
窓の下、または上にカチャッとはめて使うタイプの鍵は数百円で購入できます。

また、最近ではネット通販などで簡易屋外タップのセットを販売しています。

室内のコンセントに接続して、屋外に電源専用タップを取り付けることができます。
窓を閉めることはできませんが、セットの中には防水テープや補助鍵が入っているので便利ですよ。

一カ月の電気代は?マナーは?

イツミネーションを取り付ける前に
「いったいどのくらいの電気代がかかるのか?」

気になりますよね。
実は、イルミネーションの電気代を計算する方法があるんです。

それは、

イルミネーション商品のKw数 × イルミネーションを飾る日数 × 1日の使用時間×電力量料金(Kwh) です。

本格的なイルミネーションを飾るお宅なら、一カ月で数万円の電気代がかかるでしょうが、
小さなイルミネーションをいくつか飾るならそれほど電気代はかかりません。

それでも電気代を抑えたいなら、ソーラー充電タイプのイルミネーションがオススメです。

LEDの電球を使うのも費用を抑える良い方法です。
LEDの電球なら100球程度で一カ月40円程度に電気代を抑えることができます。

「どうせ飾るなら豪華に華やかに」という気持ちになりますが、
派手なイルミネーションは噂になり、見物人が増えてしまいます。
(人様に見てもらいたい! と思っているなら別ですが…)

また、常に窓から灯りが差し込むなどご近所の迷惑にもなり得ます。

ですので、
あまり遅い時間までイルミネーションをつけているのはご近所トラブルのもと。

特にご近所に小さなお子さん、お年寄り、病気の方がいる場合は配慮が必要になります。
見物人が多くなって渋滞するようになったお宅も耳にします。
21時以降はイルミネーションを消すなど、マナーを守って楽しみましょう。


-イルミネーション, 季節行事

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.