七五三 季節行事

七五三はいつ祝う?由来が怖いって本当か

投稿日:

子供の成長を感じられる行事「七五三」。
きれいな着物を着て千歳あめを持って写真を撮る日。。。

でも、なぜ、

そしていつ、七五三をお祝いするのでしょうか?

意外と知らない七五三の真実をお伝えします。





七五三はいつ祝う?

七五三は11月15日に行われる行事です。
ですが毎年11月15日が親が休みの土日‥というわけではないので、
10月中旬から11月中旬の、両親が仕事の都合のつく週末にお参り、お祝いを済ませるのが一般的です。

ではなぜ11月15日に祝われるようになったのか?は、諸説あります。

一説によれば、11月15日に祝われるようになったのは旧暦の15日に関係しています。

旧暦の15日は、二十八日宿の鬼宿日にあたります。

二十八日宿というのは、東洋の占星術の一つで月の通り道にある28種類の「宿(東洋独自の星座)」を暦に当てて占ったものです。

鬼宿日とは、鬼が宿(星座)にいる日、つまり外を出歩かない日ということで吉日だったのです。

この場合の鬼は悪霊を意味し、なおかつ旧暦の11月は収穫を終えて神様に感謝する月でもあります。神様へ子供の成長を感謝するという意味で、11月15日に設定された、ということです。



七五三の意味・由来は?怖い意味があるって本当?

3歳は「髪置きの儀」といい男の子と女の子両方を祝います。
5歳は「袴着の儀」で男の子が対象です。
7歳の「帯解きの儀」は女の子が対象になります。

「髪置きの儀」とは、平安時代、3歳までは坊主頭でいることが普通でした。
髪を剃って坊主頭にしていると、後にきれいで健康な髪の毛が生えてくると信じられていたためです。
髪置きの儀は髪の毛を伸ばすことができる年齢になったことを祝う儀式なのです。

「袴着の儀」とは、平安時代、子供が5歳になると男女かかわらず当時の礼装である袴を着せ、碁盤の上に子供を立たせてそこから勢いよく飛び降りさせました。

碁盤の上で四方の紙を拝むことで勝負の場(特に戦)において勝利を収めることができるようにという願いをこめた儀式でした。
男児だけの儀式になったのは江戸時代以降です。

「帯解きの儀」とは、7歳になると女児は子供用の着物の付紐をはずして、正式な帯を結いました。女児の成長を感謝する祝いごとだったのです。

と、ここまではよく知られている話。

ですが、日本の昔の儀式や風習の中には、暗く怖い一面もあります。

昔、子供が健康なまま大人に成長できる確率はそれほど高くありませんでした。
ですから、7歳になると村長が子供たちを判別し、言葉が満足に話せない子供、障害を持った子供、未熟児などは労力にならないと考えられて神隠しと称され、山へ捨てられたという説があります。

現代とは倫理観や命に対する考え方がだいぶ違ったのですね。
あまりにも酷い話…、真実ではないと思いたいです。

関連記事
七五三のお祝い金額の相場と渡す時期




-七五三, 季節行事

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.