七五三 季節行事

七五三のお祝い金額の相場と渡す時期

投稿日:

かわいい子供の成長に感謝し、健やかに成長していくことを願う七五三。
孫や甥、姪が七五三を迎えたら、一緒に祝ってあげたいと思う方が多いことでしょう。(表面的なことも含めて。)

身近な親族が七五三を迎えたら、

いつお祝いを渡すのか、
いくら渡せばよいのか、、、

意外と知られていない七五三のお金にまつわるマナーをまとめました。




七五三のお祝いを渡す時期は?

七五三は11月15日に祝われますが、多くの家庭ではご両親が休みになる10月から11月中旬にかけての週末にお参りを行うのが一般的です。

ですから、11月15日にお祝いを渡さなければいけないということではありません。

10月中旬から11月15日の間に渡すのがベターです。
直接うかがえる距離ならば手渡しするのが良いですが、遠方ならば郵送でもかまいません。
手紙やメッセージカードを添えて送るとよいですね。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳でお祝いします。

お祝いを贈るときには、祝儀袋は紅白の蝶結びの水引を使い、のしをつけます。(関西ではあわじ結びを使います)
七五三御祝
表書きには、上段に「御祝」「七五三御祝」と書きます。
下段には贈る人の名前を記します。


お祝いの金額の相場は?

七五三は基本的に内輪のお祝いです。
祖父母、叔父叔母(伯父伯母)など近親者からお祝いを贈ります。

お祝いの相場は、親戚ならば5,000円から10,000円、
祖父母からなら10,000円から30,000円となっています。

もし、親族以外で親しくお付き合いしている方のお子さんに贈るなら、
3,000円から5,000円が妥当な金額でしょう。

お金を贈る以外にも、祖父母ならば、晴れ着の購入代またはレンタル代、写真撮影費などを別途負担するのも良いでしょう。

現金だけでなく、図書カードや商品券でもかまいません。

ここであげた金額は、あくまでも相場。
絶対にこの金額でないといけないということはなく、普段からのお付き合いの度合いなどによって決めると良いです。

また、困るのは兄弟姉妹で3歳5歳7歳を迎えるケース。

お祝いは一人分ずつ別々に包んで渡すのが良いです。
プレゼントを贈りたい場合は、子供の親と相談して決めましょう。
女の子なら着物を着るときに使う小物類、草履やかんざしなどを贈るのもいいですね。

おもちゃや洋服を贈るなら、親の好みや教育方針があるのでリクエストを聞いて選ぶ方が良いでしょう。自分が気に入ったものでも、相手も気に入るとは限りませんから‥ね。

お祝いを贈るときに大切なのは、金額ではなく、子供の成長を親と共に喜び、これからの健やかな成長を願う気持ち‥かと思います。

関連記事
七五三はいつ祝う?由来が怖いって本当か




-七五三, 季節行事

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.