生活 葬式

葬式のマナー、親族なら注意しておきたい事

投稿日:

お葬式に参列するのはいつであっても辛いものですが、特に親族の葬儀となると格別かもしれません。
親族としてお葬式に参列する場合のマナーと心得を普段から把握しておくことが大切です。





「遺族」と「親族」という言葉ですが、
通常概念では亡くなった方の配偶者と子ども、父母および孫、兄弟姉妹などの直系家族が遺族と呼ばれます。一方の親族は、いとこや甥姪、はとこなどに対して使われています。

まずお葬式の時の親族の服装です。
服装に関してですが、以前は遺族と同様、親族も正式礼装をするのがしきたりとなっていました。しかし今は、略礼装のブラックスーツでもかまわないとされています。

逆に、親族が正式礼装をしてしまうと親族としての部をわきまえていないと遺族から見られることも。。。ただ、女性の親族の場合はアンサンブルなどの正式礼装をしても差し支えないようです。

男性の場合はスーツに白無地のワイシャツ、黒無地のネクタイと決まっています。
靴下も黒無地、靴は黒で艶のないものを選びます。

女性の場合、和装でも洋装でも失礼にはなりませんし、どちらが格が上というようなこともありません。

髪の毛はできるだけきちんとまとめるのがおすすめです。
艶のない黒色のバレッタなどがいいでしょう。

和装の場合は結婚指輪以外のアクセサリーは身に着けないのがマナーです。
腕時計も葬儀の時は外してバッグにしまうなどの心配りが必要です。

和装の喪服をレンタルする人がいますが、家紋は必ず確認しましょう。
実家の家紋、婚家の家紋のいずれでも問題ありません。

半襟と襦袢(じゅばん)、足袋は白、帯と帯締め、帯揚げは黒で統一します。
また、草履やバッグも光沢のない黒を選びます。



家族が亡くなると、喪主をはじめ遺族は気が動転している上に葬儀の段取りや打ち合わせなども行わなければならず、精神的な負担はひとしおです。

こんな時に力になってあげられるのが親族。
自宅で葬儀を行うのであれば参列者の応対を手伝うなど、親族ができることはたくさんあります。

また「通夜ぶるまい」や火葬のあとに行われる「精進落とし」なども自宅で用意する場合には
親族の女性が率先してお手伝いをする必要があります。

出棺の際にも男性の親族が棺を運ぶ手伝いをするなど、親族の出番はかなり多くなります。

意外に忘れがちなのが、携帯やスマホの電源。
お葬式の最中はもちろんですが、式以外の時間でお手伝いをしている最中も携帯電話はマナーとして消しておく、あるいはマナーモードにしておくことを忘れないようにしましょう。




-生活, 葬式

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.