葬式

葬式のマナー、挨拶は受付でどうする?焼香のやり方

投稿日:

結婚式などのお祝い事と比較すると、お葬式には挨拶や焼香などの点でけっこう難しいマナーがあるものです。

まさかの時に恥をかかないように基本的なマナーはきちんと押さえておきたいですね。




挨拶は受付でどうする?

まず、お葬式の会場(お寺など)には必ず定刻前に到着するようにします。
お葬式には遅刻しないようにしてくださいね。僧侶が読経中に入室するのは非常に失礼な行為に当たります。

会場入り口の道が狭く、タクシーで混雑しているような場合もよくありますので
できれば定刻の30分前に到着するように心がけるのがベストです。

到着すると受付がありますので、ここで香典を受付の人に渡します。

その時、香典の表書きが相手が読める向きにし、
「このたびはご愁傷(しゅうしょう)さまです。ご霊前にお供えください。」
と、挨拶するのを忘れないようにします。
受付には芳名帳が置いてありますので、そこに自分の住所と氏名を記入します。



焼香のやり方

焼香のやり方がわからず、お葬式で戸惑ってしまう人は案外多いので、
当日困らないように基本だけだいたい頭に入れておくことをおすすめします。

お香には邪気を祓う効果があります。焼香は死者の冥福を祈るために行うものですから、厳粛に、心を込めて行います。

焼香には順番があり、最初は遺族、そして前の方に座っている人から順番に行いますので、やり方がわからなくて不安な人は最前列には座らない方がいいでしょう。
お葬式では通常、線香ではなく抹香を使用します。

焼香では数珠を房が下に来るようにして左手にかけ、焼香台に進む時に遺族と僧侶に一礼します。焼香台の手前3~4歩のところまで来たら一旦立ち止まり、遺影と仮のお位牌を見つめ、その後焼香台まで進みます。

まず最初に合掌し、抹香を右手の親指と人差し指、中指でつまみ頭を下げて額の辺りに捧げます。続いて抹香を香炉(通常は左側に置いてある)をに静かに落とします。
この動作は宗派によっても異なりますが、1~3回繰り返します。

焼香が済んだら再び合掌し、遺族と僧侶に一礼してから自分の席に戻ります。

自宅で葬儀を行うケースもありますが、
この場合には参列者が焼香台まで歩いて行って焼香をするスペースがないことがほどんですので、香炉や抹香を置いたお盆を遺族から順番に回していく「まわし焼香」が行われます。

参列者は座ったまま焼香することになるわけですが、お盆がまわってきたらまず軽く一礼します。お盆は自分の膝の上かすぐ前の床に置き、立っている時と同じ要領で焼香を済ませ、一礼してから次の人にお盆をまわします。




-葬式

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.