葬式

葬式のマナー、お香典の金額の相場と香典袋とふくさの話

投稿日:

親戚や友人、知人が亡くなってお葬式に行くとなると、お香典を用意しなければなりません。
お香典の相場は生前どのくらい親しかったかで金額が決まります。
ここでは金額の大体の目安を見ていきましょう。





相場の金額

まず、亡くなった人が自分の両親の場合には5万円から10万円が金額の目安です。
ただし、自分が20代の場合には3万円程度でもかまいません。

兄弟あるいは姉妹が亡くなったのであれば3万円から5万円、
叔父か叔母なら1万円から3万円、
祖父母が亡くなった場合には1万円から5万円程度を包みます。

友人や知人、勤め先の同僚の場合は5000円から1万円で問題ありません。



香典袋の書き方

香典は不祝儀袋(香典袋)に入れます。
亡くなった方の家の宗派によって作法が少しずつ違うのですが、亡くなった方の家族に何の宗教かを尋ねるのも何となく不躾な感じです。

「御霊前」と書かれている袋ならどんな宗教にも使えるので無難でしょう。

「御仏前」と書かれている不祝儀袋もありますが、これは四十九日の法要以降に使われるものです。

尚、蓮の花が描かれているものは仏教にしか使えませんので注意が必要です。
神道とわかっている時には「御神前」か「御玉串料」あるいは「御榊料」、
キリスト教であれば「御花料」を使います。

袋を買ってきたら、自分のフルネームを縦書きで表封筒の下部に書きますが、この時、薄墨を使うのが礼儀となっています。薄墨の筆ペンが市販されていますので、これを使用すると便利です。

夫婦で香典を出す場合には二人の連名で、夫が出張の都合などで葬儀に参加できず、妻が代理で出席するのであれば夫のフルネームの左下に「内」と小さめに書くのがしきたりです。

中袋には漢数字で金額を記入します。
会社の同僚数人で香典を出す際には、氏名とそれぞれの金額を明記することもあります。

香典袋に入れるお札は新札は避けます。
新しいお札しか手元にないようであれば、一度折り目を付けてから入れるようにします。

 

香典袋はふくさで包んで
香典袋はお葬式の受付で渡しますが、袋は裸では持っていかず袱紗(ふくさ)に包んでいくのがマナーです。ふくさがないのであれば風呂敷で包んでいってもかまいません。

ふくさはお祝い事にも不祝儀にも使われるものですが、
赤や藤色、桃色、金色などはお祝いの時、
不祝儀では紺色やグリーン、うぐいす色、灰青または灰色と決まっています。

紫色はハレの席にも不祝儀にも両方使えますので、ひとつ用意しておけば重宝しますよ。




-葬式

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.