葬式

葬儀の花代の相場と供花の送り方

投稿日:

供花は亡くなった方の霊を弔うために捧げるお花のことで、「きょうか」と読みます。

さて、

この供花はどんな時に送るかというと、
遺族や親族から捧げられる他、親しい友人が送るケースがほとんどです。





供花はスタンド形式になっているものが多く、祭壇の左右に備える一対のものと一基だけのものとがあります。

親しい人が亡くなったけれど遠くに住んでいて葬儀に出席できない、あるいはちょうど出張とぶつかってしまったというような時にはお香典を郵送するだけではなく、供花も送ると自分の気持ちをより上手に伝えることができます。

花代の相場と供花の種類

花代は7500円から2万円辺りが相場となっています。
宗派によって適したお花が異なってきますので、送る相手の宗派を配慮する必要があります。

たとえば仏教の場合、よく使われるのはやはり菊です。
菊の他にカーネーションや百合なども好んで使われますし、高価な供花を注文した場合には胡蝶蘭などが加えられることもあります。すべて白を基調としてアレンジされます。

神道の場合にも菊や百合が好んで使われます。
もともと神道では榊(さかき)や椥(なぎ)などの常緑樹もよく使われてきました。やはり全体に白い花でまとめたものが無難です。

亡くなった方がキリスト教徒だった場合には、菊はあまり使われません。
スタンド形式で名札を付けた供花もキリスト教では使われず、籠アレンジが多くなります。
教会で葬儀をする場合も供花は教会には送らず、自宅に届けるように手配するのが普通です。


供花の送り方

供花を注文する方法として
・インターネットで注文する
・最寄りの花屋さんで直接頼む
・葬儀を取り仕切っている葬儀社に依頼する
の3つがあります。

インターネットで注文するメリットは出張先の夜中でも依頼ができること、多数の選択肢の中から好きなお店とアレンジを選べることにあります。
しかし、実物を見て頼むわけではないのでごく稀に画面で見たのとはだいぶ違うイメージの花が届いてしまうことがあります。

その点、最寄りの花屋さんなら花を実際に見て選べるので失敗がありません。

葬儀社に頼んだ場合のメリットは、時間がぎりぎりでも間に合わせてくれるということですが、他の供花と似たりよったりで個性が薄いという難点があります。

供花はけっこう場所を取るものですから、お寺ではなく自宅で葬儀をするような場合には遺族にあらかじめ「お花を送りたいのですが…」と打診をした方がいいでしょう。
また、故人が生前に「お花はいらない」と言葉を残すケースもありますので、何しろ確認しておく方が無難です。




-葬式

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.