葬式

葬式で嫁がやることや気をつけたいマナー

投稿日:

昔はお嫁に行く時に、喪服も嫁入り道具のひとつとして嫁いで行った女性が多かったものでした。

現在ではそういった習慣も廃れてしまいましたが、お葬式はいつ起こるかわからないものです。
ですから万が一の時に備え、喪服と靴、アクセサリーは準備しておいた方が無難でしょう。





お嫁さんは裏方に回ることが多い
ご主人のご両親あるいは祖父母の方が亡くなった場合、
お嫁さんとしては参列者の案内など裏方の仕事に回ることが多いようです。

特に自宅で葬儀を行うような場合には
玄関の靴の整理やお手洗いへの案内と掃除などをやることはお嫁さんの役目となります。

ご主人に兄弟が多く、お嫁さんが何人かいるのであれば協力し合って仕事を分担できるのですが、嫁いだのは自分一人だけの場合はかなり忙しくなります。

自宅の葬儀だとお弁当を取って参列者全員が食事をすることが多いので、そうなるとお茶出しやビールをつぐなどといった仕事もすべてお嫁さんに回ってきます。

ご主人が長男ではなく次男や三男の場合にはやはり兄嫁を立てなければなりません。
兄嫁を通り越して自分の独断で切り盛りをしたりすると後から家族仲に響きますので注意した方がいいですね。

自分が長男の嫁の場合にはお姑さんの意向をよく汲み取り、常にお姑さんの顔を立てることが大切です。

特にお弁当の支払いなど特に金銭的なことに関しては、事後承諾は避けて必ずお姑さんに確認を取ってから注文なり支払いなりをするようにします。



小さい子どもがいる場合

お葬式はあるけれど子どもがまだ4歳と1歳半でどうしよう、と困るお嫁さんも多いことでしょう。

普段はお姑さんに子どもを預けたりしている人でも、お葬式ではそのお姑さんも遺族として出席しなければならないわけですから、子どもの世話をしている暇はありません。

お葬式は急な事ですし、子どもを預かってくれる人が誰もいないのであれば一緒に連れて行ってもマナー違反にはなりません。お葬式は厳粛なものですが、親族の誰かれが優しい目で子どもたちを見守ってくれるものです。

 

挨拶の順番などにも気を配る

お葬式では遺族が参列者に挨拶するシーンや収骨などの際に、「誰が最初にするか」という順番がけっこう問題になるものです。

お舅さん(ご主人のお父様)が亡くなった場合で言えばご主人、お姑さん、ご主人のお姉さんとその子どもの順で挨拶をし、嫁は省かれるようなこともしばしばあります。

こういう順番は遺族全員が納得するものでないと後々しこりとなって尾を引きますので、前もって話し合いで順番を決めておいた方がいいかもしれません。




-葬式

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.