健康 白髪

白髪の原因は生える場所によって違うんです

投稿日:

そもそも白髪ってなぜ生えてくるんでしょう。

まず、

髪の毛の黒い色というのは、メラニンによって作られている色素なんです。
髪の毛を作っている細胞が正常に働けば髪の毛が伸びるときにメラニンが合成されますので、髪の色は黒くなります。

ところが、細胞が正常に働かなくなってしまうと、メラニンが合成されなくなって白髪が生えるようになるんです。

加齢によって白髪が増えるのはもちろんですが、
それ以外のことが原因で白髪が生えることもあります。






最近白髪が増えてきたな…という方、
どのような場所に白髪が生えているか、ちょっと確認してみてください。

どの場所に生えていましたか?

全体的に白髪があるわ~という場合は、加齢が原因と考えられます。

いや、部分的に生えてる‥という方、

頭頂部やこめかみなど、ある特定の場所にまとまって生えている場合は、
内臓の病気や不調からきていたり、ストレスが原因だったりすることがあるんです。

では、もう少し細かく見てみましょう。

白髪が生える場所と原因

頭頂部:胃の病気や不調
左頭頂部:肝臓の病気や不調
右頭頂部:腎臓の病気や不調(むくみやすい人もここに白髪が生えます)
つむじ:心臓や肺の病気や不調
前頭部:肛門の病気や不調(便秘や痔になりやすい人)
額やこめかみ:眼精疲労
耳の回り:歯の病気や不調(歯槽膿漏や歯肉炎など)
後頭部:生理不順や不妊、精力減退

上記のように、生える場所によって体の内側の不調がわかるというわけです。

その場所に白髪がまとまって生えているからといって、必ずしもそこが悪いとは限りませんが、
心当たりのある人は病院を受診してみるのも良いかもしれません。

原因を排除出来れば、また黒い髪の毛が生えてくるようになります。



分け目は白髪になりやすい?

髪の毛の分け目に白髪が生えるという人も多いですよね。
これは、いつも同じ場所で分けていることによって紫外線ダメージや、触る刺激などを強く受けている証拠です。

紫外線は、メラニンを作る工場であるメラノサイトを破壊してしまうこともあるんですね。
メラノサイトが破壊されると、メラニンの生成がストップし髪の毛に色をつけられなくなります。

いつも同じ場所で分けている人は、分け目をこまめに変えると良いですね。

また、同じ場所で分けていると、その部分ばかりを触ってしまいますよね。
刺激によって、紫外線ダメージを受けたときと同様なことが起こっているんです。

 

日常の生活習慣によっても、白髪が増えてしまうこともあります。
白髪の生えている場所と原因に心当たりがあって、対策が可能な場合は、
白髪予防のためにすぐその対策を始めてくださいね。





-健康, 白髪

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.