健康 老眼

老眼とは?簡単なチェック方法を老眼年齢がやってきたら確認してみて

投稿日:

年齢も中年になり、視界がなんとなく今までと違うように感じると
老眼を意識しだすかと思います。
いや、自分はまだ大丈夫、と言いながら。。。





老眼ってどんな症状が出るの?

老眼とは、年齢を重ねることによって近くが見えにくくなる目の症状のことです。

目の中にある水晶体がレンズの役割を持っていて、私たちは毎日何かを見ています。

このレンズである水晶体が年齢とともに硬くなって、変形しにくくなることが老眼の原因です。

目のピント調節機能と言われるのはこの水晶体の働きによるものなんですね。
レンズの焦点を合わせるために、水晶体が厚みを持ったり薄くなったりしているのです。

ところが年齢とともに水晶体が硬くなって変形しにくくなると、
厚く薄くの調節機能が果たせなくなっていきます。

これが老眼の始まりなんです。

遠視の人は老眼になるのが早く、近視の人は老眼になるのが遅いと言われています。

が、

そんなことはありません。老いは平等にやってきます。。。

遠視の人は遠くはきれいに見えますが、近くが見えにくいです。
そのため、近くを見るためにピント調節機能を普通の視力の人より使わなければなりません。

普段から近くが見えづらいのですが、
老眼が出ることでより近くが見づらくなり、それを実感しやすいんです。

近視の人はもともと近くがよく見えているため、ピント調節機能をあまり使っていません。
そのため老眼になっていても、近くが見えづらくなったと言う実感がないんですよね。
だから老眼になっていても初期段階では気づかないんです。

近視の人は老眼を感じないまま、年齢を重ねてしまうこともあるようです。



老眼の始まる年齢は?老眼かどうかチェックする方法

老眼が始まる年齢には個人差があります。
統計的には45歳前後から老眼を実感する人が多いですね。

早い人なら30代後半から老眼の症状が出始めることもありますよ。
30代後半になり、急に近くが見づらくなったなぁと実感がある場合は、老眼の始まりかもしれません。

病院に行かなくても老眼かどうかチェックする方法があります。

まず、人差し指を1本立てて目の前にかざしましょう。
指紋が見えるように指を立ててくださいね。
そしてゆっくりと人差し指を遠ざけていきます。

目の前に人差し指をかざしている時、指紋がぼやけて見えていないと思うのですが、
徐々に指を離していくことによって指紋が見えるようになっていきます。

指紋がくっきり見えたところが『近点』です。

この近点が目から何センチ離れているかによって、老眼かどうかチェックすることができます。

近点が30センチ以上離れている場合は
近くが見づらいと言う証拠ですので、老眼になっている可能性が高いです。

近点が30センチ以上離れてしまっていたら、老眼対策のはじめどきですね。





-健康, 老眼

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.