健康 季節行事

意外!? 高カロリーなお酒はコレ! なんと黒ビールの方が低カロリー

投稿日:

飲み会って、振り返ると1年中ありますよね。

新年会から始まり年末の忘年会までの中で、
歓迎会や送別会、お花見や何やらと
日本では飲み会の機会は沢山あります。

ダイエットや健康を気にしている方は
なかなかツライものがあります。。。

付き合いで飲まなきゃいけないのなら、
低カロリーのお酒を選んで飲みましょう。

今回のテーマ

高カロリーのお酒ナンバーワンはコレ!
カロリーの低いお酒は?
お酒よりも注意したいもの
黒ビールの素朴な疑問



高カロリーのお酒ナンバーワンはコレ!

高カロリーといえばビールが思いつきますが、
その中でも特に黒ビールは高カロリーです。
甘いですもんね。

カロリーでいうと

普通のビール1杯(300ml)が120kcalに対して、
黒ビールは1杯(300ml)が138kcalです。

この黒ビールは、「実は高カロリーなお酒」ランキングで
1位ではなく、2位なんです。

では、1位を獲得したお酒はというと、、、

老若男女が飲みやすいと人気の
「梅酒」です。
カロリーは、1杯(100ml)で156kcal。

100mlでこのカロリーなので、
飲み過ぎにはくれぐれもご注意ください。

ちなみに

普通のビールは6位。
5位は焼酎(甲類)
4位は日本酒(合成清酒)
3位は発泡酒
でした。

 

カロリーの低いお酒は?

お酒で太る原因になる成分は糖質です。

日本酒やビールのように、
イモや米、麦などの糖質が多い醸造酒はカロリーが高めです。

が、

焼酎やウイスキー、ブランデー、ジンやウォッカなどの蒸留酒は、
糖質が蒸留の過程でなくなるのでカロリーが低いです。

けれど蒸留酒はアルコール度数が高いものが多いので、
お酒が弱い方は選ばないようにしてくださいね。

弱くない方は、
醸造酒より蒸留酒を選ぶと、カロリー控えめになります。

 

やっぱりビールが飲みたいな、という方は、
レッドアイがオススメです。

カクテルですが、カロリーがとても低いトマトジュースで
ビールを割っているので、53kcalという低カロリーなお酒です。

アルコール度数も低く、
逆にビールが苦手な方でも飲みやすいお酒になっています。

 

お酒よりも注意したいもの

お酒を飲むと太る、、、という原因のひとつにあげられるのは、
おつまみです。

アナタがお酒と一緒につまんでいる おつまみって何ですか?
から揚げ?フライドポテト?チーズ?
高カロリーなものが多いのではないでしょうか。

おつまみは低カロリーな刺身などを選ぶといいですね。


黒ビールの素朴な疑問

・なぜ黒ビールはカロリーが高いの?
・なぜ黒ビールは黒いの?

私が思っていたのは、黒糖が沢山入っているから
黒くて甘くて、カロリーが高いのかと‥思っていました(;´∀`)

はい、全然違いますので
興味のある方は読み進めてみてください。

 

なぜ黒ビールはカロリーが高いの?

黒ビールって普通のビールより何故カロリーが高いんだろう?
甘いから糖質が多いんだよね。
‥というのは分かりますが、なぜ糖質=カロリーが多いのか?

答え:

ビールを作るときに麦汁を使用します。
これが発酵してアルコールとなるわけですが、
この発酵度を高くしてやると、アルコール分が多くなります。

アルコールが多くなるということは、
原料である麦汁をそれだけ使うということですので、
糖分が減って、その結果カロリーが下がります。

ので、この糖分が多く残っている黒ビールやスタウトはカロリーが高いのです。

Yahoo! 知恵袋より

 

・・・分かりましたでしょうか?

 

なぜ黒ビールは黒いの?

黒ビールの黒色は麦芽の色です。
麦芽の色合いを、乾燥するときの熱量や時間で調節しているのです。

普通のビールのあの黄金色を作り出す乾燥熱量や時間を標準とすると、
標準より高温にして焙煎というぐらいまで火入れした濃色麦芽というものが
黒ビールの色を作っています。

 

以上、、、
ざっくりと説明させていただきました。

健康のためにも、
飲み過ぎ食べ過ぎに注意しましょう!



-健康, 季節行事

Copyright© 豆情報 , 2018 AllRights Reserved.